椎名桔平との“絆”も話題!「トップナイフ」アキラ100%の演技に高評価

1月18日(土)9時59分 アサ芸プラス

 天海祐希主演ドラマ「トップナイフ−天才脳外科医の条件−」(日本テレビ系)が1月11日にスタートし、初回の平均視聴率は13.0%とまずまずの出だしとなった。

 今作は、大ヒットドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)と比較されることが多く、同作の初回平均視聴率18.6%には遠く及ばなかったが、視聴者の期待値は高い。

 その中で、主要キャストではないが、大注目の俳優がいる。お笑い芸人のアキラ100%だ。ドラマの中でアキラは、救命医の織田直人を演じており、視聴者の感想としては「服を着てると誰だかわからん」という意見が多かったが、「この人俳優にむいてるよね。演技も自然だし、どこにでもいる風貌だから、役になじむ」「アキラの芸は苦手だけど、顔は好き。脇の役者メインでやってほしいくらい」「俳優に転身うまくいくと思う」など、好評だ。

 また、アキラが役者を目指していた頃、同ドラマに出演している椎名桔平の運転手をしていた過去を知る人からは「俳優を目指してて椎名桔平の付き人してたんだよね。どんな演技をするのか楽しみ」「共演なんて、出世したね。おめでとう」などの意見も寄せられた。

「アキラは、高校時代は演劇部、大学時代も小劇団で役者活動をしていて、もともと役者志望でした。椎名の運転手兼付き人をしていましたが、失敗ばかりで、置手紙を残し逃亡。その事を謝罪したいと椎名に伝えたところ、快く許してもらった。そのことが、今回のキャスティングにつながったのかもしれません」(芸能記者)

 これまでも、単発ながらドラマに出演し、爪あとを残してきていたアキラ。同ドラマで「役者としてもブレイク」の期待がふくらむ。

アサ芸プラス

「トップナイフ」をもっと詳しく

「トップナイフ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ