阿部寛、「愛してる」と口に出すのは「恥ずかしい」と大テレ!

1月18日(水)20時15分 シネマカフェ

阿部寛/『恋妻家宮本』夫婦・カップル限定試写会

写真を拡大

「家政婦のミタ」「女王の教室」などヒットドラマの脚本を手掛けた人気脚本家・遊川和彦の初監督映画『恋妻家宮本』の夫婦・カップル限定試写会が1月18日(水)に開催。主演の阿部寛、天海祐希、2人の若い日を演じた工藤阿須加、早見あかりが舞台挨拶に登壇した。

重松清の小説「ファミレス」を原作に50歳を迎えた夫婦の姿を描く本作。大学時代に子どもを授かり結婚し、子どもの結婚・独立で初めて、夫婦水入らずの時期を迎えた宮本夫婦だったが、夫の陽平はある日、妻の美代子が隠していた離婚届を見つけてしまい動揺し…。

阿部さんと天海さん演じる陽平と美代子の大学時代を工藤さん、早見さんが演じたが、共に最初に話を聞いたときは「俺/私でいいんですか!?」と戸惑いを覚えたという。工藤さんは「尊敬する先輩のひとりですし、どうやったら近づけるか? と現場でも観察していた」と明かし、この日も隣りに立つ阿部さんをチラ見し「カッコいい!」としみじみと漏らす。阿部さは茶目っ気たっぷりに「僕も昔は少しスッキリしてたんで、将来、こうなりますよ」と濃ゆ〜い笑顔を浮かべる。

早見さんは「どうやったらお二人っぽいのか? 工藤くんと相談しながらやりました」と語り、天海さんに対して「憧れの女性。こうなりたい!」とストレートに憧憬を口にするが、天海さんは「こうなっちゃダメ! 考え直して!」と自虐気味に語り、会場は笑いに包まれる。

この日、会場には214組428名の男女が足を運んでおり、うち夫婦が137組、交際中のカップルは153組いたが、舞台挨拶ではスイッチで統計を取るアンケートを実施。キャスト陣から様々な質問が投げかけられた。

早見さんは「『おはよう』『おやすみ』『ただいま』『おかえり』などのキスをしている方?」という質問を繰り出すが、結果は46組92名とやや低めの割合。早見さんは「少ない! ちょっと寂しい…」と漏らし、天海さんからは「もうちょっと頑張ってください! 夢や希望を持った若者がいるので」と強めのエールが。

遊川監督は自身が普段から「なんで、俺はこんなに言いたいことが言えないんだろう…」という鬱屈した思いを抱えていることを明かし、観客の中の男性に「言いたいことを毎日、言っている?」と質問、かなり少ないのでは…? という予想を裏切り、およそ3分の1に当たる83名の男性が「YES」と回答。遊川監督は「すごいなぁ…」と勇気をもらった(?)ようだったが、天海さんからは「女性のほうは『はいはい』と聞き流してるのもあるかもしれませんよ(笑)」と鋭い指摘も…。

阿部さんは「『愛してる』という言葉を、役者は恥ずかしくて言えないものですけど、ここ2〜3年の間に『愛している』と言ったこと、言われたことがある?」と質問。こちらも57組114名という予想外に多くの人が「ある」と回答! 阿部さんはなぜか茫然と「恥ずかしい…」と口走り「素晴らしいですね、みなさん」と感嘆! 天海さんから「阿部さんも負けずに!」と家庭内で「愛している」と奥さんに伝えるようにと促され、照れ笑いを浮かべていた。

『恋妻家宮本』は1月28日(土)より全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

阿部寛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ