映画『フラッシュ』、前監督の降板から1年半…新監督がやっと決定!

1月18日(木)13時2分 シネマカフェ

エズラ・ミラー-(C)Getty Images

写真を拡大

DCコミックスのキャラクター、フラッシュの単独映画(タイトル未定)の監督がついに決定した。

DCコミックスの漫画「フラッシュポイント」をベースに描かれるというこの映画は、『ジャスティス・リーグ』に引き続き、バリー・アレン/フラッシュをエズラ・ミラーが演じることが決定している。監督に関しては過去にセス・グレアム=スミス、降板後にリック・ファムイーワに決定したものの、ファムイーワも降板することになり、2016年10月から監督が決まらないままおよそ1年半が過ぎていた。

「Variety」誌によると、このたび同映画の監督に決定したのは1人ではなくコンビ。『スパイダーマン:ホームカミング』の脚本を書いたジョン・フランシス・デイリーとジョナサン・ゴールドスタインだという。2人はいままでに『お!バカんす家族』(2015)、今年公開でジェイソン・ベイトマン、レイチェル・マクアダムスらが出演する『Game Night』(原題)などの監督経験がある。この1年半、製作のワーナー・ブラザースはロバート・ゼメキスやベン・アフレックにもアプローチをかけたとのことだが、交渉は成立しなかったようだ。

フラッシュ単独映画の公開予定日は未定。

シネマカフェ

「フラッシュ」をもっと詳しく

「フラッシュ」のニュース

BIGLOBE
トップへ