斎藤工が慟哭する…2つの“戦後日本”を描く『麻雀放浪記2020』特報

1月18日(金)6時0分 シネマカフェ

『麻雀放浪記2020』(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

写真を拡大

斎藤工が主演する白石和彌監督最新作『麻雀放浪記2020』から、1945年と2020年、2つの時代が映し出された特報映像が公開された。



今回公開された映像は、戦後の焼け野原となった東京を彷徨う“坊や哲”(斎藤さん)の後ろ姿が映し出されスタート。そして、「OXCL」(オックス・クラブ)の看板や、男たちが博打に命を賭けている場面が続き、“伝説の傑作小説よ、さらば。”といった文字と共に、モノクロの1945年から2020年へと移り変わる。

煌々とした光に包まれる謎の闘技場や、朽ち果てた2020年東京五輪のポスター、核爆発、死亡事件を報じる新聞記事、慟哭する“坊や哲”など、気になるシーンで埋め尽くされている。


昨年末に行われた日刊スポーツ映画大賞の授賞式では、白石監督が本作について「この新作、僕は大まじめに作った大傑作だと思うが、問題がありすぎて公開が危ぶまれている。気が気でない」と言及していたほど危険な内容だそう。映像の最後には“これでいいのか、ニッポン”と問いかける言葉も映し出され、その言葉の意味も気になるところだが、未だ全貌はベールに包まれたままとなっている。

『麻雀放浪記2020』は4月5日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

「麻雀放浪記2020」をもっと詳しく

「麻雀放浪記2020」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ