木村拓哉、小日向文世プロデュースで“伝説の角刈り寿司屋”演じる!?

1月18日(金)19時53分 クランクイン!

映画『マスカレード・ホテル』初日舞台挨拶に登壇した木村拓哉 クランクイン!

写真を拡大

 木村拓哉が18日都内で、主演映画『マスカレード・ホテル』の初日舞台挨拶に登壇。本作を「ガチ盛りの作品」と称賛する一方、本作以外に『HERO』シリーズなどで共演経験のある小日向文世から、将来“伝説の角刈り寿司屋”を演じることを勧められてタジタジになっていた。 本作は、東野圭吾の同名小説を原作とするミステリー。連続殺人事件を解決するべく、一流ホテルに潜入する警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村)と、新田の教育係となったホテルマン・山岸尚美(長澤まさみ)の2人が事件の真相に迫る姿を描く。

 今回のイベントには木村や長澤、小日向の他、渡部篤郎、鈴木雅之監督が出席した。

 1年半前に本作の撮影に臨んだという木村は「自分は常に監督が求めるOKテイクに向けて、共演者の方と作業しただけ」と謙遜しつつも「1本の作品として出来上がったものを拝見した時、“こんなにもガチ盛りの作品なんだ”と客観視できた」と手応えを口にした。

 木村はまた、“洞察力の鋭い刑事”という役柄にちなんで撮影中、プロモーション中に気づいた共演者の素顔を問われると、能勢役の小日向に言及。「(小日向は)登壇中のこのスーツの中にも忍ばせていると思うけど、常にご自身の携帯電話をお持ちになっている。スキあらば、写真撮ってます」と言い、完成披露試写の時にも「幕が上がる前に『写真撮ろ!』って言われた」と明かした。

 小日向は「“記念になるな”と思って撮るんですよ。ただ『HERO』の時、木村君と写真を撮るのがとても冒険だった(笑)。それがクセになってる。ついつい撮っちゃう」と笑みをこぼした。本作で、木村演じる新田の元相棒という立場に関して「初めて木村君とそういう関係になった。それまでは僕、ずーっと事務官でしたからとても新鮮だった」と話した。

 また、“木村に今度演じてほしい役”を問われて長澤は「悪い役が見たい」と回答。「木村さんって、どこかスーパーマンみたいな、何でもできちゃう印象がある。逆をいくのが面白そう。全然いいところがない!みたいなの面白い。いい人だとダメ。とことん悪くないと」と語った。それを聞いて木村は「長澤さんの中ではいろいろプロデュースがあるらしい。撮影中はずーっと『“NHKの朝のテレビ小説に出てくる、死んでしまったお父さん”をやるべきです』と言っていた」と暴露した。

 続けて小日向が、木村に「寿司屋の職人になってほしい」と提案。「下町でものスゴく人のいいお寿司屋さん。だけど、月の1回だけ、銀座のスゲー伝説の寿司屋で握る。渡部さんは、銀座の高級寿司店の職人。僕は回想シーンで、木村君に教える板長、師匠」と熱弁。木村がやや乗り気の姿勢を見せると、小日向は「寿司屋は、髪の毛バッツリ短くしないとダメだよ! マスカレードより短く。角刈りに」と要求。木村は「要相談で」とタジタジになっていた。

クランクイン!

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ