ニコール・キッドマン、「大統領支持」発言が炎上 「民主主義を信頼しただけ」と反論

1月18日(水)16時36分 J-CASTニュース

BBCが放送したニコール・キッドマンさんのインタビューが波紋を広げた。大衆紙などもインタビューの内容を詳報した

写真を拡大

女優のニコール・キッドマンさん(49)が米国のトランプ次期大統領をめぐるBBCのインタビュー発言で「炎上」している。ハリウッドではトランプ氏への反発を強める人も多いが、キッドマンさんは「誰であっても大統領を支持する必要がある」と発言。

これが「トランプ支持」だと受け止められ、「次の映画は絶対見ない」などと批判が殺到。キッドマンさんは後のインタビューで、「民主主義と米国憲法を信頼していることを強調したかった」として、発言はあくまで制度としての一般論を述べたにすぎないと釈明した。



「いつも政治的なコメントをするのは控えてきた」



キッドマンさんは米国とオーストラリアの二重国籍。2017年1月10日(英国時間)にBBCで放送されたインタビューで、トランプ氏について見解を求められ、


「いつも政治的なコメントをするのは控えてきた。自分が関わっている問題ごとにコメントするようにしている」

と前置きした上で、


「彼が当選したのだから、私たちは国として、誰であっても大統領を支持する必要がある。なぜならば、それが国の基礎になっているからだ」

などと述べ、自らは乳がんや卵巣がんはじめとする女性に関する問題のために資金集めに努力することを強調した。



トランプ氏をめぐっては、女優のメリル・ストリープさん(67)が1月8日(米太平洋時間)に行われた第74回ゴールデン・グローブ賞の授賞式で、「軽蔑は軽蔑を呼び、暴力は暴力を呼ぶ」などと批判したばかり。1月20日(米東部時間)の大統領就任式や関連イベントにはセリーヌ・ディオンさん(48)やエルトン・ジョンさん(69)ら大物歌手が出席を拒否したと伝えられるなど、総じて米国の芸能界ではトランプ氏に対する拒否感が強い。



「不買リストにニコール・キッドマンを加えよう」の声



それだけに、「ニコール・キッドマンはトランプを支持して驚かせた」(英デーリー・メール紙)などと伝えられ、ツイッター上には


「私たちはトランプを支持しない。次の映画は絶対見ない」

「不買リストにニコール・キッドマンを加えよう。ノーモア、ニコール・キッドマン」

といった声が相次いだ。


こういった声を受け、キッドマンさんは1月13日(米太平洋時間)放送のテレビ番組「アクセス・ハリウッド」のインタビューに対して


「民主主義と米国憲法を信頼していることを強調したかった。簡単なこと」

と反論している。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

大統領をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ