注目ワード昭恵・昭恵氏 離婚・結婚 主人公・公開 シビック・新型 マイホーム・ローン 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「会いたい」JYJ ユチョン、演技人生が羽ばたき始めた

Kstyle1月18日(金)11時42分

写真=MBCMBC水木ドラマ「会いたい」は、JYJユチョンの代表作となった。彼はいつものように安定した演技力を基盤に、視聴者の心を響かせた。



ユチョンは韓国で17日に最終回を迎えた「会いたい」で、14年間苦しい初恋の思い出を抱えながら生きる刑事、ハン・ジョンウを演じた。彼は今回のドラマで、普通の人ならば一生かけて流すであろう涙を全て流した。それだけ感情消耗の激しいキャラクターだったが、変わらずハン・ジョンウの姿を貫いた。



だからといって、力み過ぎたわけではなかった。ユチョンは、演技で大いに認められている先輩俳優ハン・ジニ、ソン・オクスク、チャ・ファヨンらとのシーンが特に多かった。もちろん、20年以上演技をしてきた先輩俳優たちの円熟した実力に追いつくのは、最初から無理なことだ。しかし、彼も先輩たちに負けないほど高い実力を披露した。



先輩たちの前でも乱れない発声と水が流れるように自然な表情、キャラクターになりきった演技は、このドラマの主軸がなぜユチョンなのかを理解させた。



彼は同年代の俳優たちに比べ、キャラクター表現力が優れた俳優だ。本格的な演技デビュー作だったKBS 2TV「トキメキ☆成均館スキャンダル」(2010)を皮切りに、「ミス・リプリー」(2011)「屋根部屋のプリンス」(2012)を経て、今回の作品まで自由自在に変身してきた。歌の上手いハンサムな歌手であるユチョンが、非常に自然な形で俳優と呼ばれているのもこのためだ。



彼を見ればルックスに目が行く。なぜか母性愛を刺激する、感受性豊かな顔立ち、西洋人のような、何一つ欠点のないプロポーション。しかし、ユチョンをこのようなルックスだけで評価するべきではない。ドラマを撮るたびに、役者としての真価を発揮しているからだ。



「会いたい」は幕を閉じた。ユチョンが表現したハン・ジョンウに夢中になった視聴者の余韻はしばらく続くと思われる。同時にユチョンの次の演技を期待する人々の期待が、もう始まった。
NHN Japan Corp. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Kstyle
注目ニュース
2位は愛之助&紀香…芸能界「離婚しそうな夫婦5」 女性自身11月23日(木)16時0分
本誌は、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで、読者600人にアンケートを実施。《おしどりだと思う夫婦》と《離婚しそうな夫婦》について、…[ 記事全文 ]
二階堂ふみが“ゴチ”電撃卒業 ナリナリドットコム11月23日(木)21時8分
女優の二階堂ふみ(23歳)が、11月23日に放送されたバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)に出演。レギュラー出演して…[ 記事全文 ]
『奥様は、取り扱い注意』西島秀俊の裏の顔が明らかに!「やっぱり」の声多数 クランクイン!11月23日(木)9時0分
綾瀬はるか主演のドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が22日に放送された。西島秀俊が演じる、主人公・菜美…[ 記事全文 ]
工藤静香インスタで「イラッと来る」また大炎上 まいじつ11月14日(火)19時31分
(C)まいじつ工藤静香のインスタグラムが話題を呼んでいる。【関連】工藤静香「夫の仕事のため」紅白出場へ猛アピールほか11月6日に北海道から…[ 記事全文 ]
女性声優への「一発ヤらせて」発言で批判殺到の新人声優が謝罪 関智一は「僕がやらせてしまった」 BIGLOBEニュース編集部11月21日(火)12時48分
19日に開催されたイベント「A&Gオールスター2017」で、新人声優の外崎友亮(29)が日高里菜に対し不適切な言葉を放ったとして、批判が殺…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア