遅咲きの実力派・桜井ユキ、月9出演で一気にブレイクなるか!?

1月18日(月)10時0分 メンズサイゾー

 本日スタートのフジテレビ系"月9"ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。主演を務めるのは有村架純(22)で、メーンキャストに高畑充希(24)や森川葵(20)といった注目株がそろうが、実力派女優として桜井ユキ(28)にも大きな期待が寄せられている。


 本作は、大ヒット月9ドラマ『東京ラブストーリー』の脚本家・坂元裕二氏による、東京を舞台にした現代のラブストーリー。桜井は、主人公の有村が勤める介護施設の先輩役として登場。冷静に介護の現場を見守り、上司にも意見をする意志の強い女性という役どころだ。


 福岡県出身の桜井が女優として芸能活動を本格的にスタートしたのは2011年ころで、当時24歳という比較的遅咲きのデビューだった。当初は舞台やCMをメーンにしていたが、2013年以降は映画女優として精力的な活動を展開。特に昨年は8本の作品に出演しており、公開中の広末涼子(35)の主演映画『はなちゃんのみそ汁』にも出演中だ。


 映画女優としてのキャリアを重ねる桜井は、話題作への出演が多いのも特徴。これまでに、大ヒット映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を撮った山崎貴監督の『奇生獣』、世界的な人気を誇る三池崇史監督の『極道大戦争』、俳優としても著名な田口トモロヲ監督作『ピース オブ ケイク』などに起用されている。


 特に邦画界の奇才・園子温監督の作品に多数出演。人気俳優がそろった『リアル鬼ごっこ』を皮切りに、綾野剛(33)主演の『新宿スワン』、ビデオクリップ専門チャンネル・MTVによるオムニバス映画『Love Of Love』、テレビドラマ『みんな!エスパーだよ!番外編〜エスパー、都へ行く〜』(テレビ東京系)と、4作連続で園作品に登場している。昨年公開の『リアル鬼ごっこ』では、トリプルヒロインを務めたトリンドル玲奈(23)、篠田麻里子(29)、真野恵里菜(24)らと共に女子高生役に扮し、キーパーソンとして物語を盛り上げた姿を覚えている人も多いことだろう。


「園子温監督に見初められた女優さんの中には、出演当時はあまりメジャーではなく、その後一気にブレイクするというケースがある。例としては『愛のむきだし』でヒロインを務めた満島ひかりさん(30)や、『ヒミズ』で数々の賞を総なめにした二階堂ふみさん(21)などがいます。園子温監督は、いわば『隠れた実力派』を発掘することに長けていますので、桜井さんも間違いなくブレイクの可能性を秘めているハズ。


 知名度的にはまだ高いとはいえない状態ですが、これまでのキャリアでは、スケバンや看護師ヤクザといったクセのある役を演じることも多かった。そのため、作品を見た人の印象には残っていると思いますので、月9視聴者からは『あの子か!』といった声も上がりそうですね」(芸能ライター)


 2011年のデビューから、ドラマ・映画などを合わせてすでに30本以上の作品に出演している桜井。主要な役どころとなれば数は限られるが、さまざまな作品に起用されているのも、それだけ彼女が幅広い役柄に対応できる演技力を備えているからだろう。


 今年3月公開の映画『フローレンスは眠る』では、主人公と共に犯罪に手を染めるヒロインを務めることが決定。監督を務めるのは、2011年公開の映画『369のメトシエラ』で注目を浴びた小林兄弟(小林克人、小林健二)で、複雑な人間ドラマに定評がある。老舗の同族経営企業を襲った誘拐事件を発端に繰り広げられる『フローレンスは眠る』でも存在感を示すことができれば、女優としての格を上げることになるのかもしれない。


 桜井の同学年には、石原さとみや井上真央、北川景子といった人気と実力を兼ね備えた女優たちがそろっている。そんな中、遅咲きとはいえ着実に女優としてステップアップする桜井が頭角を現す日も近そうだ。
(文=aiba)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

月9をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ