菜々緒、加速するドSイメージ...大物俳優相手に効果絶大!?

1月18日(月)22時30分 メンズサイゾー

 ここのところ女優として"Sキャラ"が板についてきた菜々緒(27)が、不動産販売会社「オープンハウス」の最新CMに出演して話題になっている。


 俳優の織田裕二(48)が犬のジョンに扮する同社の人気CMシリーズの最新作「店舗編」に、菜々緒は黒ネコ役として登場。「東京に、家を持とう。」というキャッチコピーのもと、一軒家の購入者にペットとして飼ってもらおうとする妖艶なメスネコを演じている。


 相手役を務める織田も一軒家を夢見る犬を演じるが、そんな彼に向かって菜々緒が、「あんた、捨てられるわよ」と呟く姿はまさにSキャラといった印象。オンエア直後から、ネット上には「今度はドSなネコか」「セクシーキャットだな」といった声が寄せられ、さらにイメージを固めた視聴者も多いようだ。


「織田裕二さん相手に強気なキャラクターを演じている菜々緒さんですが、視聴者にとってイメージ通りの姿でもあるため、違和感なく受け入れられているようです。このところの織田さんといえば、今年の秋に主演映画『ボクの妻と結婚してください。』が公開予定ですが、これは4年ぶりの銀幕復帰で、かつてほどの勢いは失いつつあると言われている。そんな織田さんと今まさに旬な女優といえる菜々緒さんのCM共演は、その演出でも対比的に描かれており非常に効果的に映っていますね。


 大物との共演といえば、菜々緒さんは30日公開の映画『さらば あぶない刑事』で、舘ひろし(65)さんの彼女役に起用されている。年齢差もかなりありますし、30年以上続く人気ドラマの最新作にしてファイナルのヒロインとなれば、熱狂的な"あぶデカファン"から不満も聞かれそうですが、ネット上を見るにそういった声はほとんどありません。それだけ菜々緒さん独自のイメージが、大物相手でも遜色のない貫禄のようなものを生んでいるのかも。まあ、舘さんの懐の深いダンディズムが彼女を受け入れているとも言えそうですが...」(ネットライター)


 菜々緒は、自身のSキャライメージを大物たちとの共演につなげているといえるのかもしれない。そして、そのイメージが強くなるほどに、別の一面が際立つという効果もあるようだ。


「16日にスタートした新ドラマ『怪盗 山猫』(日本テレビ系)で、菜々緒さんは男社会に立ち向かう女刑事役を演じています。この作品は、主演の亀梨和也さん(29)扮する天才怪盗・山猫が、卑劣な手段で金儲けをする企業から大量の資金を盗み出し、同時に悪事を暴く娯楽エンターテイメント。菜々緒さんもドラマのカラーに合わせ、凛々しくスーツを着こなしながらも、ときおり乙女心をのぞかせる可愛らしいリアクションで作品を盛り上げています。


 前クールのドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)では冷酷な殺人犯を演じており、ファンの中には新ドラマでの人間味あふれる姿に抵抗を感じている人もいるようです。ただ、偏ったイメージがあるからこそ、その可愛らしさが強調されているようにも思います。初回平均視聴率も14.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切りましたから、キュートな表情で話題になることもありそうです」(芸能ライター)


 女優にとってイメージが根づいてしまうことは、役柄の幅を狭めることにつながりかねないが、菜々緒はそれをうまく活用しているといえそうだ。抜群のスタイルと強烈な目力を武器に、菜々緒がどんなキャリアを積んでいくのか、これからも目が離せそうにない。
(文=kamei)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

菜々緒をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ