菜々緒、引き締まっていながら丸みのある最強ボディ! 30代に向けてますます進化

1月18日(木)9時0分 メンズサイゾー

 モデルで女優の菜々緒(29)が、完璧なボディを見せつけた。


 17日、菜々緒はカネボウ化粧品のメイクアップブランド「コフレドール」の新イメージキャラクター発表会に出席。今年で10周年を迎える同ブランドの新たな顔として、2月から全国オンエアされるテレビCM『18春ヌーディカバーパクト 15秒篇』と3月スタートの『18春3Dツヤ仕込みシャドウ 15秒篇』に出演するという。


 新ブランドのコンセプトは「しなやかに、ハンサム・ビューティーへ」で、菜々緒はCMで身につけた黒のタイトドレス姿で登壇。菜々緒といえば、レースクイーン時代から股下85センチの美脚をウリにし、近年では脚を交差させてヒップを突き出す"菜々緒ポーズ"で知られるが、この日は背中がざっくり開いたドレスで後ろ向きの状態から振り返る"ハンサムビューティーポーズ"を披露して会場を盛り上げた。


 CMには、自然体だが意志のある女性をイメージして臨んだそうで、「(化粧品の)イメージキャラクターはひとつの夢でもあったので、それが叶ってすごくうれしいです」と満足げ。同社の歴代イメージキャラクターは北川景子(31)や長澤まさみ(30)といった人気女優ばかりで、菜々緒も身が引き締まる思いのようだ。


 さらなる飛躍が期待される菜々緒は、2010年に「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、ファッション誌のモデルとして人気を高めながらタレントとしても活躍。深夜バラエティのアシスタントなどを担当しながら女優に転身し、2015年のドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)での不気味な悪女役が評価され、その地位を確立した。


 女優として頭角を現すと同時に、日々磨きをかける肉体でも注目を集める菜々緒。デビュー当時から抜群のスタイルを誇っていたが、約3年前から肉体改造に励んでおり、引き締まっていながらも女性らしい丸みを帯びたカラダを作り上げてきた。


 美のカリスマでもある菜々緒はさまざまな美容系イベントに出席するが、そこで美ボディの秘訣を聞かれると、「曲線」や「丸み」を意識していると発言する。単に細くするだけではなく、筋トレなどにも力を入れて女性的なボディを目指しているそうだ。


 その努力の甲斐もあって、今回のイベントでもしなやかながら肉感的な魅力を感じさせるボディを披露。今年の10月28日で30歳の誕生日を迎える彼女は、30代に向けて「より一層トレーニングやメンテナンスをしないといけないなとは思っています」とストイックなところを見せており、ますますボディに磨きをかけそうだ。イベント中には、「私は女優業やモデルもさせてもらっていますので、バランス良くマルチに出来たらいいですね」とも語っていたので、最強ボディを見せつける写真集なども期待したいものだ。

メンズサイゾー

「菜々緒」をもっと詳しく

「菜々緒」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ