80年代に大ヒットした変形玩具「タマゴラス」がガシャポンで復活

1月18日(木)21時11分 マイナビニュース

「ガシャポンタマゴラス」(300円/1回

バンダイは、1980年代に大ヒットした変形玩具「タマゴラス」シリーズを、「ガシャポンタマゴラス」として、2018年2月第5週より全国のカプセル自販機で順次発売する。

「タマゴラス」シリーズは1984年の発売から2年間で、累計1,000万個以上を発売した変形玩具。全高約50mmの、卵型から動物や恐竜といった、様々なキャラクターに変形する精密な変形ギミックと、デザイン性の高さが好評を得て、幅広い年代のファンに支持された。

ラインナップはティラノ(恐竜)、キリン、ヒョウ、パンダの4種で、当時よりも等身バランスやディテールなどをスタイリッシュにアレンジ。自販機からそのまま出てくる卵型の状態から、パーツ差し替え無しで完全変形する。変形前のサイズは約6mm、変形すると約95〜110mmのフィギュアになり、当時の商品より約120%ボリュームアップしている。価格は300円/1回。

(C)BANDAI

マイナビニュース

「玩具」をもっと詳しく

「玩具」のニュース

BIGLOBE
トップへ