プリンス死去、ギタリストとしても最高のミュージシャンだった

4月22日(金)14時48分 マイナビニュース

2016年に入り、デヴィッド・ボウイ、グレン・フライ、モーリス・ホワイトが亡くなった。また一人、巨星が消えた。プリンスの遺体が21日(木)朝、ミネソタ州にある自身のペイズリー・パーク事務所で発見された。

プリンスのデビューは意外に古く1978年、20歳だった。一人で全パートを作り上げたと言われるサウンドは、ファンクでソウルそのものだった。

1979年発表のセカンドアルバム「Prince」の中では「I Wanna Be Your Lover」という曲で、ヴォーカルトラックを加工し、彼の世界を進み始めた。転換はソロ名義からプリンス・アンド・ザ・レヴォリューションを名乗るころ。大ブレイクの「Purple rain」を発表する時期に向かう。元々マルチプレイヤーな彼だが、「Purple rain」のミュージックビデオでのギタープレイは最高のギタリストの一人であることを証明した。

クラウドギターと呼ばれる、何となく弾きにくそうなオリジナルギターを抱えジミ・ヘンドリックスのオマージュを色濃く漂わせていた。イントロはLittle wingを彷彿とさせ、リッケンバッカーを持ったウェンディー・メルボインのカッティングフレーズが、この大作にふさわしかった。プリンスのギターソロでは、ファズたっぷりのフィードバックや分厚く、もったりとしたグリッサンドには痺れた。

またプリンスの愛機はクラウドギターの他に、日本のH.S.アンダーソン製のMad Catというテレキャスターモデルがある。デビュー当時から使用しており、このMad Catをジョージ・ハリスンのトリビュートコンサートでも弾いている。While my guitar genrly weepsでトム・ペティやジョージの息子を従えて、フロント・ピックアップから生まれる情感のこもったギターソロを聞かせてくれた。

最高のギタリストの57歳という早すぎる死に冥福を。

マイナビニュース

プリンスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ