水江建太ら、『A3!』秋組単独公演開幕で「トライし続ける」 6人が意気込み

1月18日(土)13時0分 マイナビニュース

MANKAI STAGE『A3!』〜AUTUMN 2020〜の公開ゲネプロが17日に東京・品川プリンスホテル ステラボールにて行われ、水江建太(摂津万里役)、中村太郎(兵頭十座役)、赤澤遼太郎(七尾太一役)、稲垣成弥(伏見臣役)、藤田玲(古市左京役)、里中将道(新庄リョウ役)が取材に応じた。

同作は、主人公が劇団「MANKAIカンパニー」の主宰兼総監督となり、春組・夏組・秋組・冬組のメンバーを率いていく人気ゲーム「A3!」の舞台化作品。2018年の開幕から全国で話題となり、「エーステ」の愛称でファンから親しまれている。本公演では秋組にスポットを当て、秋組第二回公演『異邦人』、第三回公演『任侠伝・流れ者銀二』の2ストーリーを展開する。

初日を控え、「お客さんの期待も大きいと思うんですけど、それを遥かに超える秋組単独公演になってると思います」(赤澤)、「1幕の劇中劇で主演なので、今までやってきたことを存分に出して頑張りたいと思います。2幕は左京さんが主演なので、それを支えられるように頑張っていきたいです」(稲垣)、「皆様の期待を超えられるような劇中劇になってると思います」(藤田)と意気込んだキャスト陣。今作のキーワードを聞かれると、水江は「"写真"と"家族"ですかね」と答え、全員が「ああ〜」と納得、藤田は「家族写真だね」とまとめた。

それぞれ演じる役の魅力を聞かれると、水江は「万里として登場するのは3回目なんですけど、圧倒的にかっこいいと、僕は思ってます。摂津万里はかっこいいと思うので、それが圧倒的な魅力かな」と、キャラの魅力を表す。中村は「僕はちょっと成長した部分を見せられたらいいなと思っています」と語り、赤澤は「1年前に秋冬公演をやって、あのときは人間らしい欲求を抱えていたところが魅力だったんですけど、今回はそういうものを背負った太一だからこそ出せる光や人に与えるエネルギーがある。光です!」と断言。

さらに稲垣は「臣の魅力って全部だと思うんですけど、臣の魅力が裏目に出てしまうところもある。それがいい形になるんですけど、トータル的に、魅力は全部ですね。全部が魅力です」と全てをひっくるめて答える。藤田は「クールで笑顔も少ないキャラクターだけど、誰よりも人間らしいんじゃないかな。秋組のみんなもそうですけど、カンパニー内のみんなとどんどん打ち解けることで、カンパニーへの愛が1番強いということが魅力の1つ」と説明した。

また、外から見た秋組の魅力を聞かれた里中は「かっこいいですね。他の組よりも男っぽいし、多分男の子が見ても面白い舞台になっているので、見ると憧れに変わるんじゃないかな。自分も一緒に稽古していて思うので、そこが魅力だと思います」と答え、藤田も「嬉しい」と喜んでいた。

劇中劇の見どころについては、「全部言っちゃうかも」と予告していた稲垣だが、「全部と言いたいんですけど、1幕始まってから劇中劇までがパッケージだと思ってて、『異邦人』がゴールという感じ。臣が変わった瞬間を見せられればと思います。それが魅力です」とアピール。2幕劇中劇主演の藤田は「任侠ものなんですよね。今までの『エーステ』の劇中劇の中でも、『ちょっとはみ出してんじゃねーか』くらいに1番挑戦しているところが魅力です。観ていただいた方には『ここか!』って絶対にわかるので、楽しみに来ていただければと思います」と期待を煽った。

最後に「役者が役者を演じる面白さ」について聞かれたキャスト陣。代表した水江は「僕だけの話ですけど、この現場で育ててもらったので、このステージを楽しむことが、役者としての面白さに直結してるかな」と思いを巡らす。「『エーステ』は僕にとってそういう場所で、ここでトライし続けることが、僕の役者としての面白さでもあるのかなと思います」と語った。

公演は東京・品川プリンスホテル ステラボールにて18日から26日まで。さらに愛知公演、兵庫公演、東京凱旋公演を予定している。

マイナビニュース

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ