山田涼介、故・ジャニーさんは「その時を生きる人」 記憶に残る一言語る

1月18日(土)12時21分 マイナビニュース

映画『記憶屋 あなたを忘れない』(1月17公開)の公開記念舞台挨拶が18日に都内で行われ、山田涼介芳根京子佐々木蔵之介蓮佛美沙子、平川雄一朗監督が登場した。

同作は第22回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞し、35万部を売り上げた織守きょうやの同名小説を実写化。大学生の遼一(山田)は、年上の恋人・杏子(蓮佛)にプロポーズをした翌日から連絡が取れなくなってしまう。数日後に再会した杏子は、遼一の記憶だけがなくなっていた。幼馴染の真希(芳根)とともに都市伝説的な"記憶屋"のことを知り調べていくと、遼一は人々の中にある「忘れたい記憶」やその奥にある想いなどに触れていくことになる。

会場のファンの様子に、山田は「この距離で双眼鏡で見ている人もいるので、何を見てるのかなって気になります」と苦笑。芳根が「毛穴?」と指摘すると、佐々木もじっと山田の毛穴を見ていた。

作品にちなみ「記憶に残る一言」を聞かれると、山田は「僕はジャニーさん。結構言ってるんですけど、Jr.時代に急に電話がかかってきて出たら『Youのこと、もう嫌いだよ!』って急に言われて。理由を聞いたら僕が関係ないことだったんですけど、『もうこれはきっと残れないだろうな』と思ったんですよ」と振り返る。「数年経って、滝沢(秀明)くんの舞台に出させてもらった時に、ソロで踊らせてもらう機会があったんです。その公演後にジャニーさんが楽屋にばーって来て僕を抱きしめて『You、最高だよ!』って言ったんですよ。『この人、わけわかんねえな』と思ったけど、これがジャニーさんなんですよね。その時を生きてる人なんです。その記憶が僕は忘れられないです」としみじみ。平川監督が「嫌いというのは好きがあるからですよ」とフォローすると、山田は天を仰いで「ジャニーさん、どうよ? ……そうか。好きだったみたいです」と会話していた。

舞台挨拶では、平川監督からサプライズでキャスト陣への手紙も。平川監督は「山田くん、初めて会ったとき、あなたの顔の美しさに『きれいだね』と思わず言ってしまうほど、アイドルとして第一線で活躍するあなたに圧倒されたのを今でも覚えています。でも、それは外見の美しさだけではなく内面の美しさだったということを、ここに来て知った気がします」と読み上げる。

「完成した映画を見た山田くんは『平川ワールドですね』と言ってくれましたが、山田ワールドにもなった作品だと思います」と表した監督は、「クランクインするまで、木村拓哉さん、岡田准一さん、二宮和也さんに通ずる系譜だと勝手に思っていましたが、撮影が進むにつれて、山田くんは先輩方とはまた違ったオリジナリティを持ってる唯一無二の存在だと感じました。この先、山田くんが持っているいろんな色を大切にいろいろな作品に挑戦していって欲しいと思います」とエールを贈った。

山田は「僕ももちろんそうなんですけど、芳根さんが。 監督が何度もテイクを重ねていく中でも、芳根さんが負けじと前回よりも良いお芝居をと繰り返して、負けない姿勢を見てて感動しました」と気遣う。「そこに対する監督の愛を感じました。そう思いながらもキャストが納得いかない部分もたくさんあって」と苦笑しつつ、「でも本当に 平川監督だからこそ取れた作品なんだなと、キャスト全員が思っています」 と感謝。芳根もまた山田について「本当に、中心に立つべき方なんだなと、何度も思いました」と称賛した。

マイナビニュース

「山田涼介」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「山田涼介」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ