さくら学院の落語に会場爆笑、“公開授業”イベントで課題に挑戦。

1月18日(月)7時54分 ナリナリドットコム

成長期限定ユニット・さくら学院が1月17日、神奈川・はまぎんホールヴィアマーレで、“公開授業”イベントとして「落語の授業」を開催。講師に立川志ら乃を迎え、さくら学院のメンバーが落語に挑戦した。

立川志ら乃のお手本を初見で記憶し、ぶっつけで発表するというスタイルで実施した今回の公開授業。中でも、課題の落語「反対俥(はんたいぐるま)」に挑戦したメンバーの大賀咲希(中等部3年)は、コミカルな動きと独特な世界観のアレンジを加え終始満員の会場の笑いをさらった。

そんな芸達者ぶりに立川志ら乃は「あんたすごいな、こんなに笑うことは普段ない。このネタあんたにあげるよ」とベタ褒め。さくら学院のメンバーは思わぬ才能を大いに発揮した。

通常のライブとは違うさくら学院の魅力を楽しむことができる同イベント。次回は3月13日、今年度最後の授業として「歌の考古学」の授業が決定している。

また、この日発表されたニューアルバム「さくら学院 2015年度〜キラメキの雫〜」の内容とともに、今後も彼女たちから目が離せなそうだ。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イベントをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ