斎藤工、「海猿」撮影時に総合優勝したもの

1月18日(水)9時14分 ナリナリドットコム

俳優の斎藤工(35歳)が、1月17日に放送されたトーク番組「チマタの噺」(テレビ東京系)に出演。「海猿」出演時に、男性俳優陣の間でつけられた“アレ”のランキングで総合優勝していたことを明かした。

この日、銭湯大好きという話から、番組ホストの笑福亭鶴瓶と男性の大事な部分についてトークをしていた斎藤。言葉はオブラートに包みながらもセクシーなエピソードを連発したが、そこから「海猿」撮影時のサウナでつけられていたという“ランキング”に話が及んだ。

いまから12〜13年前、「海猿」の撮影に臨んでいた斎藤は、主演の伊藤英明やほかの男性出演者と共に、14人の訓練生役全員でサウナに行っていたそう。「そのときみんな初対面だったのでタオルしてたんですけど、伊藤さんが全員のタオルを剥いでいって。『これからやる映画はそんなつもりじゃできない。格好つけてちゃ命は救えないっていう映画だから』」と、開放的なスタイルでサウナに入るよう指示されたという。

当初は抵抗のある人もいたようだが、「(連日サウナに行くので)みんな隠さなくなったんですよ」と、どこも包み隠さない、男と男の裸の付き合いになるには、そう時間を必要としなかったよう。すると「男って、集まるとバカなんで」と、それぞれの“アレ”を見比べながらランキングを付けだしたそうだ。

それは“サイズ”“ボール”など専門分野3つにわかれたランキングだったが、斎藤は「僕、総合優勝しました」とニヤリ。「抱かれたい男No.1」「セクシー俳優」のイメージ通り、かなり立派なモノをお持ちのようだ。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

海猿をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ