小松政夫の遺作! 最後の新曲MVを週末開催の「さるハゲロックフェスティバル'21」でお披露目!

1月18日(月)18時0分 Rooftop

小松政夫.jpg

2020年12月、惜しまれつつ逝去した昭和を代表するコメディアン小松政夫が、生前最後に録音していた楽曲「エライあんたのロックンロール」が、オリジナルのアニメーション動画とともに1月23日開催の「さるハゲロックフェスティバル’21」にて発表されることになった。

最後の新曲となった「エライあんたのロックンロール」は、小松が幼少期の思い出を綴った著書「ひょうげもん」の連続ショートアニメの主題歌として制作。作詞作曲は小松が手掛けた。この度、公開されるMVではプレスリーのような衣装に身を包んだ小松がお茶の間で歌い踊るアニメーションが展開。小松本人も生前にチェックしており、「喜んでいただいていた」と関係者は語っている。MVの前半には小松の父との思い出を描いた「ひょうげもん」のショートアニメも収めされ、小松本人の声の出演も予定されていたが、突然の逝去によって、それは叶わぬことになった。

「エライあんたのロックンロール」のMVが公開される「さるハゲロックフェスティバル’21」は、漫画家しりあがり寿が主催する音楽やパフォーマンスのイベント。毎年1月に新宿ロフトで開催されているが、今年は新型コロナウィルス感染対策のため無観客でネット配信される。「エライあんたのロックンロール」発表時間には、晩年の小松をよく知る作詞家・プロデューサーの相田毅を招いてのトークなども行われる。

「さるハゲロックフェスティバル’21」は1月23日(土)18時よりオンライン配信開始。公演終了後、2月22日(月)23:59までアーカイブ配信も行われる。配信チケットの詳細はイベント公式サイト参照。


Rooftop

「小松政夫」をもっと詳しく

「小松政夫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ