長澤まさみがスケスケ衣装で登場 「今度は下半身も」の期待も

1月18日(月)16時0分 NEWSポストセブン

スケスケ衣装で登場した長澤まさみ

写真を拡大

 2015年末に行われた、第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞の表彰式。約600人の映画関係者が集まる中、主演女優賞は7年ぶり2度目となる綾瀬はるか(30)が受賞した。綾瀬が主役を演じた四姉妹の物語『海街diary』からは、長女役の綾瀬だけでなく、次女役の長澤まさみ(28)が助演女優賞を、末っ子役の広瀬すず(17)が新人賞を受賞している。


 主演男優賞は、『悼む人』と『きみはいい子』の2作品で主演した高良健吾(28)が初の栄誉に輝いた。


 綾瀬は受賞の挨拶で「最初、監督(是枝裕和)の脚本をいただいた時は、うん、難しいなと思いました。ですが、自分とはかけ離れた役だと思っていたんですけど、撮影をしていく中で、“あ、こういうところ、私にもあったな”ということをすごく気づかされて、新たな発見になる、スタートになる作品なのかなって思いました」と語った。


 長澤は、「私が演じた次女は、お姉ちゃん、そして妹たちがいなかったら演じられなかった役だと思っています。この映画を一緒に作った人たちのお陰でこの賞がいただけたと思っています。これからも息の長い女優さんになれるように頑張っていきたいと思います」と今後の抱負も含めて挨拶。


 プレゼンターとして登場したリリー・フランキー(52)は、長澤のスケスケ衣装に着目し、「いい女の落ち着いた映画なのに、なんかちょっとエッチな映画を観た気がするな…というのは、やっぱ長澤さんの力量。重要なことなのに形になりにくいものをちゃんと評価してくれた審査員の皆さまの目の高さ、そして、何より今日の衣装がすばらしい。来年は下半身もシースルーでいきましょう!」と語り、長澤はじめ会場を笑いで包んだ。


 また、新人賞の広瀬のプレゼンターには能年玲奈(22)が登場し、こちらも多くのフラッシュを浴びていた。


 広瀬は、「今日この舞台に、女優としても、女性としても尊敬するお姉ちゃんたちと立てたことが幸せです。皆さんにかわいがってもらって、役も最初で最後じゃないかなと思うくらい運命を感じる役でした」とコメント。


 撮影終了後には、三女役の夏帆(24)から洋服のおさがりを紙袋に2袋くらいもらって現場に着ていった…というエピソードなどを明かし、「自分が、浅野すずとしていられたことと、家族になれたことが、毎日嬉しいなと思う日々でした」と嬉しそうに語った。


 その他、作品賞は『ソロモンの偽証』(成島出監督)、監督賞は『日本のいちばん長い日』の原田真人監督(66)、助演男優賞は同じく『日本のいちばん長い日』の本木雅弘(50)が受賞した。


 外国作品賞は、デミアン・チャゼル監督の『セッション』、ファン大賞は『ジョーカー・ゲーム』、石原裕次郎賞は、『日本のいちばん長い日』、特別功労賞は映画評論家の故品田雄吉さん(享年84)が受賞した。


撮影■高柳茂

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

長澤まさみをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ