木村拓哉 BGで共演、斎藤工の天然発言をフォローさせられる

1月18日(木)16時0分 NEWSポストセブン

爆弾発言が多いという斎藤工

写真を拡大

 ボコボコに殴られて倒れ込みながらも、眼光は鋭い。シングルファーザーで中学生の息子に冷たくあしらわれる。そして、機敏に相手を組み伏せる華麗なアクション──。


 1月18日に始まったドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)で木村拓哉(45才)は今までにない顔を見せている。


「初回数日前に行われたプレミアム試写会は拍手喝采でした。集まったメディアも“お世辞なしでいい!”と大絶賛。木村さんはかなりハードなトレーニングをつんだらしく、スーツの上からでもわかるほど、体つきが変わっていました」(芸能関係者)


 銃など武器を持たずに丸腰で警護対象者を守る民間のボディーガード役。動作をよりスピーディーにリアルにするために、武術の訓練も行ったという。


「V6の岡田准一さん(37才)に動きや体作りのアドバイスを求めたそうです。岡田さんはドラマ『SP』(フジテレビ系)への出演をきっかけに武術の師範資格をとっています。ブルース・リーのような武術で、素手で戦うだけでなく、棒など身の回りの物を使うのが特徴で、取り入れている軍隊もあるほど実戦向きの武術です。岡田さんの他、西島秀俊さん(46才)や綾瀬はるかさん(32才)、小栗旬さん(35才)など話題のアクションを演じた俳優も指南を受ける武術だそうです」(スポーツ紙記者)


 緊張感のある場面が多いが、現場は和気あいあい。木村がモノマネを披露したり、寒い現場を乗り越えるためにあったかグッズを贈りあったり。


「木村さんが大道具など裏方のスタッフの名前も覚えて積極的に声をかけていたのには驚きました。飲み会や食事会も頻繁に行われ、“この作品はイケるぞ!”という熱気を感じます」(ドラマ関係者)


 たびたび開かれているという木村主催の飲み会で、こんな事態が起きていたという。


「後輩俳優とも気心知れていて遠慮ない会話がポンポン飛び交っているのはいいんですが、あまりに空気を読んでいない天然発言も飛び出し、毎回、木村さんがフォローしているんですよ(笑い)」(前出・ドラマ関係者)


 ある時、都内の寿司店で開かれた飲み会でのこと。斎藤工(36才)の発言だった。


「斎藤さんが、菜々緒さん(29才)と間宮祥太朗さん(24才)のやりとりを聞いていて2人に向かって『ホントに仲いいよね〜』と言ったんです。実はこの2人、過去に交際していて破局したと報じられたことがあるんです。斎藤さんは知らずに、さらにツッコミをいれようとしていて、スタッフが焦っていたんですが、木村さんが『そういうことを言うと、くっつくものもくっつかなくなるだろ』と、うまくフォローしていましたね」(前出・ドラマ関係者)


 斎藤の天然ぶりはそれだけではない。


「斎藤さん、菜々緒さんの美脚を見て『お金をかけていると、きれいさも違うよね』というようなことを言ったんです。一瞬、菜々緒さんの顔がこわばりましたが、木村さんが『それがプロだよな』と、とりなしていました」(前出・ドラマ関係者)


 劇中のアクションより華麗なボディーガードぶりを披露(!?)していた。


※女性セブン2018年2月1日号

NEWSポストセブン

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

BIGLOBE
トップへ