元テレ東・亀井京子が明かすとにかく凄い女子アナ列伝

1月18日(金)7時0分 NEWSポストセブン

元テレビ東京の亀井京子さん

写真を拡大

 偉大な先輩から話題の後輩まで、“同業”だからこそ分かる圧倒的才能がある。元テレビ東京の亀井京子さん(36)が、「本当にすごかった女子アナ」について語る。


 * * *

 テレ東の4年先輩の大江麻理子さんは本当にすごかったですね。アナウンサーって表に出る仕事だと誤解されていますけど、主役はニュースであったり、ゲストのタレントさんであったりで、タレントさんのいいところを引き出すのが本来の仕事なんです。


 大江さんはアナウンス力はもちろんのこと、出過ぎずに一歩引いたところからスタジオを回していくバランス力が抜群でした。社内に大江さんが嫌いな人は誰もいなくて、部長さんからADさんまでメロメロになっていました(笑い)。


 新人の時に部長に見習うように言われたのは、3年先輩の大橋未歩さんです。テレ東で初めてアナウンサーが脚光を浴びるようになったのは大橋さんの偉業ですが、人気におごらず陰で努力をされていて、デスクはいつも座る隙間がないほど資料がいっぱいでした。


 私が2年目の時に未歩さんと2人でスポーツ担当をさせていただきましたが、フロアディレクターが「あと6秒」と言ったら、6秒でピッタリ合わせるコメントで番組を締めて……それはもう鳥肌モノでしたよ。


 他局の方では、元フジの高島彩さん。バラエティ班の人に「高島さんのオンエアを全部観なさい」と言われていました。華やかな方なのに出過ぎず、タレントさんが脱線してもすぐに戻せるように常に手綱を持ちながら、スタジオ回しをする。圧倒的でしたね。



 その上の世代では、同じく元フジの小島奈津子さん。私が小中学校の時に『めざましテレビ』を担当されていて、お店のレポートでもりもり食べている姿がとても印象的で、ファン目線で見ていました。


 若手では、日テレの水卜麻美さんがやっぱりすごい。うちの娘はほとんどテレビを観ないんですが、水卜アナは大好き。世代を超えて親しみを感じてもらえる魅力があります。


※週刊ポスト2019年1月18・25日号

NEWSポストセブン

「テレ東」をもっと詳しく

「テレ東」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ