柄本佑、NHKドラマに「これは気を引き締めていかなきゃ…」

1月18日(土)16時0分 NEWSポストセブン

精神科医を演じる柄本佑

写真を拡大

 俳優・柄本佑が、主演ドラマ『心の傷を癒すということ』(NHK、1月18日午後9時スタート)の会見に登場。同作は、阪神・淡路大震災で瓦礫の街と化した神戸で“被災者の心のケア”のパイオニアとなった若き精神科医の姿を描く。


 柄本演じる主人公のモデルとなったのは、精神科医の安克昌氏。柄本は、今回脚本を担当した桑原亮子氏の“血肉”ともいえるものが反映されている脚本だと感じたようで、「これは気を引き締めていかなきゃいけないと思いました。ぼくの役者人生の中でも、ものすごく記念碑的な作品になりました」と意気込みを見せた。


 ほかに、尾野真千子、濱田マリ、近藤正臣らが出演する。


撮影/小彼英一

NEWSポストセブン

「柄本佑」をもっと詳しく

「柄本佑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ