小嶋陽菜が『恋チュン』初センターで緊張。たかみなの応援「にゃんにゃ〜ん!」が裏目に。

1月18日(日)12時55分 Techinsight

小嶋陽菜のセンターに視聴者から様々な声。

写真を拡大


AKB48が音楽番組『ミュージックステーション SP』に生出演して3曲をメドレーで披露した。1曲目の『恋するフォーチュンクッキー』でセンターを務めた小嶋陽菜がツイッターで「Mステ緊張した!」と心境をつぶやいている。確かに、指原莉乃の代役でセンターに立つ彼女の表情が硬く見えたが、ツイッターでは「こじはるの恋チュンかわいかった。アイドルはビジュアル大事だよ!」と好評を博している。一方で「さっしーいないと物足りなかったぞー」と寂しく感じたファンも少なくないようだ。

1月17日開催の『HKT48全国ツアー〜全国統一終わっとらんけん〜番外編in香港』に合わせて、指原莉乃は一足早く香港に渡っていた。そのため、16日に生放送された『ミュージックステーション 2時間スペシャル』では指原の姿が無かった。

この日の選抜メンバーは高橋みなみ、小嶋陽菜、渡辺麻友、柏木由紀、横山由依、宮澤佐江、北原里英、島崎遥香、入山杏奈、川栄李奈、武藤十夢、木崎ゆりあ、川本紗矢、松井玲奈、松井珠理奈、生駒里奈の16人。『恋するフォーチュンクッキー』〜『ヘビーローテーション』〜『愛の存在』をメドレーでパフォーマンスして、センターは順に小嶋陽菜、渡辺麻友、高橋みなみが務めた。

こじはるは出演を終えて、『小嶋陽菜(kojiharunyan)ツイッター』で「イントロからメンバーが笑ってたり(特にさえちゃん珠理奈)、たかみなが叫んで恥ずかしかった」と心境を明かしている。緊張から表情が硬かったこじはるを元気づけようとしたのだろう、たかみなが「にゃんにゃ〜ん!」と叫んだのが逆効果だったようだ。

また、小嶋陽菜のツイートに対して横山由依が「イントロ応援してました」と明かすが、こじはるから「あれは応援だったのか!」と返されてしまう。宮澤佐江は「やっぱさえちゃんがいると明るいな」とこじはるに言われて「嬉しい泣きそう」と感激。「にゃんにゃーん!って佐江が叫んだ声もしっかりオンエアにのってたwやべぇ」と振り返った。

そんな出来事もあったAKB48のパフォーマンスに、視聴者からは「こじはるがセンターで歌ってて、めっちゃテンション上がった〜」、「こじはるの恋チュンかわいかった。やっぱりアイドルはビジュアル大事だよ!」とつぶやかれる一方で、「さや姉、みるきー、さくらたん、さっしー他が不在…こじはるが急遽センターで恋チュンを披露したりと控えめな感じでしたね」、「こじはるは一歩下がった位置のが似合ってる、センターじゃなくても十分抜かれるし輝いてるんだもん」、「さっしーいないと物足りなかったぞー」などの声も出ている。

さらに「こじはるが恋チュンのセンターで歌う時、卒業発表するんじゃないかと思った」、「Mステでたかみなさん&こじはるさん見れるのもあと少しだね」と言うつぶやきもあり、『恋うたランキング』で流れた大島優子がセンターに立つ『ヘビーローテーション』や指原莉乃がセンターの『恋チュン』での過去映像とあわせて時代の流れを感じた。

この日の『Mステ』に出演した入山杏奈は、『入山杏奈(iriyamaanna1203)ツイッター』で木崎ゆりあ、生駒里奈とのスリーショットとともに、「95年組…めざせ脱はざま世代」と宣言している。まだまだ高橋みなみや小嶋陽菜の存在感には及ばないが、次世代の成長が今後のAKB48の鍵となりそうだ。

※2枚目の画像は『twitter.com/iriyamaanna1203』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

小嶋陽菜をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ