クリスティアーノ・ロナウドとの破局、美人モデルが認める。「彼の家族と確執の噂は嘘」

1月18日(日)12時5分 Techinsight

イリーナ・シェイクとクリスティアーノ・ロナウド、やはり破局していた!

写真を拡大


先日、美人モデルのイリーナ・シェイク(29)がサッカー選手クリスティアーノ・ロナウド(29)のTwitterフォローを突如解除。「まさか破局か?」と騒動になり一部ファンを心配させたが、それは事実であったことが判明した。

このほど、ロシア出身のイリーナ・シェイクとポルトガル出身のクリスティアーノ・ロナウドという国際派カップルがついに破局した。交際5年にしての電撃破局の噂が浮上すると同時に、その理由としてイリーナとロナウド・ファミリーの問題を報じるメディアが続出。大手メディアも“イリーナはロナウドの母と不仲だった”と伝え、情報筋の以下のコメントを紹介していた。

「ロナウドは母を驚かせたかったのです。クリスマスはイリーナとドバイで過ごしたので、母の誕生日には母親のそばにいてあげたかったんですよ。なのにイリーナがそれを嫌がったんです。」
「カップルは大喧嘩になり、ロナウドは結局(別の女性が2010年に産んだ)息子と2人で大晦日を過ごしました。」

これが直接的な原因になった、しかし最近では2人の仲にもヒビが入っていたというのだが、イリーナの代理人は破局を認めたうえで、このようにコメントしている。

「イリーナはロナウド氏との5年に及んだ関係にピリオドを打ちました。しかしイリーナはロナウド氏の家族ともずっと親しくしてきました。イリーナと彼の家族の不仲の噂は完全に嘘ですし、破局には無関係です。これ以上のコメントは現時点ではございません。」

美男美女のゴールインに期待するファンも多かったが、それが果たされないまま関係は散ってしまった。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

破局をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ