リアム・ペイン、ゼイン・マリクを「良い奴。1D復帰を望むなら歓迎する」

1月18日(月)16時55分 Techinsight

リアム・ペイン「ゼインはすごく良い奴」

写真を拡大


昨年、ツアーの離脱に続き「ワン・ダイレクション(1D)」からの脱退を表明したゼイン・マリク。今ではメンバーらとの関係も断絶しているというが、リアム・ペインはゼインを「良い奴だ」とコメント。さらに「バンド復帰も当然歓迎する」と語り、米メディアに大きく報じられた。

昨年、1Dを脱退したゼイン・マリクは「やりたい音楽とはかけはなれていた」と告白。さらに「今も仲間だというメンバーの言葉は建前で、実は連絡を入れても返事もない」と暴露し、関係断絶を明かした。

しかし、リアム・ペインはなおもゼインについて「本当に良い奴だ」と擁護。空港で米メディア『TMZ』に「ゼインがバンド復帰を望めば歓迎するか」という質問を受けた際も、こう答えた。

「もちろんだ。俺はゼインのことが大好きだよ。良い奴だから!」

だがそれが実現する可能性は低いもようで、「ゼインの代わりを入れるつもりは?」という質問にはこんな本音で答えている。

「メンバーはもう十分いる。これ以上のメンバーは必要ないね。」

また先日は「活動休止ではなく解散ではないか」と伝えられたが、それは事実ではないと断言。「音楽授賞式にも(1Dとして)ノミネートされたからね」と述べ、ファンを安堵させた。活動休止はしばらく続くものの、その後はゼイン抜きのメンバー4人で活動を再開する予定のようだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ゼイン・マリクをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ