TVアニメ『うらら迷路帖』第3話より先行場面カット到着!弁天から持ちかけられた勝負とは……

1月19日(木)23時0分 アニメイトタイムズ

 2017年1月より、TBSほかにて放送中のTVアニメ『うらら迷路帖』。本作、三占(第3話)「仲間と友達、時々ライバル」の先行場面カットが到着しましたので、あらすじと併せてお届け!

 『まんがタイムきららミラク』(芳文社)にて連載中の占い×おんなのこ×青春物語が描かれる本作。うららと呼ばれる女だけの占師の町・迷路町で、山育ちの千矢、真面目な紺、西洋趣味の小梅、人見知りなノノたちが、うらら見習い生活を繰り広げます。 
三占 仲間と友達、時々ライバル
 棗屋の先生ニナから頼まれたおつかいで、占物屋弁天にやってきた4人。店内の珍しい品々を見ていると、いきなり現れた店主の弁天に驚いて、水晶玉を落として割ってしまいました! 弁天はニヤリと笑って4人に店の手伝いを命じます。

 着替えさせられ、手伝いを始める千矢たちでしたが、弁天は弁償のために1年は店で働けと言ってきます。そんなに占いの修行から離れたら落第必至! そこで弁天から持ち掛けられたのは、サイコロを使った勝負でした。彼女たちの未来を賭けて、千矢は賽を振ります。

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アニメをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ