TVアニメ『うらら迷路帖』第2話より場面カット到着!千矢が一番占を目指すことを決意——

1月19日(木)16時30分 アニメイトタイムズ

 2017年1月より、TBSほかにて放送中のTVアニメ『うらら迷路帖』。本作、ニ占(第2話)「探し物と夢、時々甘味」の場面カットが到着しましたので、あらすじと併せてお届け!

 『まんがタイムきららミラク』(芳文社)にて連載中の占い×おんなのこ×青春物語が描かれる本作。うららと呼ばれる女だけの占師の町・迷路町で、山育ちの千矢、真面目な紺、西洋趣味の小梅、人見知りなノノたちが、うらら見習い生活を繰り広げます。 
ニ占 探し物と夢、時々甘味
 占師『うらら』になるべく修行を始めた千矢。彼女が迷路町にやってきた一番の目的は、母親を探すことでした。けれど幼いころに山に預けられてしまった千矢は母親の顔すら知りません。占いで探すにも、手がかりなしの状態で探しものができるのは、伝説の一番占くらいなもの。しかし彼女は町の最奥にある一番地に行かないと会えません。どうしても母親を探したい千矢は、警らの佐久に諭されて自分も一番占を目指すことを決意します。まだまだ占いのことなんて知らない千矢は、すこしずつ占いを学んでいくのです。

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アニメをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ