“お家騒動”に黙して語らず!ジャニー喜多川社長はなぜ出てこない?

1月19日(火)9時58分 アサ芸プラス

 もはやトップニュースで報じられるほど、大きな話題となっているSMAPの解散騒動。ここまで大事になりながら、当事者ともいえる“あの人”の動向が出てこない。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長だ。

 13日午後、人気アイドルグループSMAPの解散問題について、ジャニーズ事務所がマスコミ各所にファックスで声明を発表した。

「たしかに、この件について協議・交渉がなされている事実は存しますが、そのような状況下であるため、詳細についてのお問い合わせにはお答えできません」

 とした上で、理解を求める内容だ。事務所名義ではあるものの、親族が騒動の渦中にあり、SMAPと命名した本人であるジャニー喜多川社長の声は一切届いてこない。

「今回の騒動は、ジャニーさんの姉であるメリー喜多川副社長、そしてその娘である藤島ジュリー景子副社長と、SMAPのチーフマネージャーであるI女史との確執が発端の、いわば『女同士の権力争い』。その結果、ジュリー副社長が勝ち、I女史が負けたことがSMAP解散騒動につながっています。もともとジャニーさんは事務所内の政治的なことにはノータッチで、姉のメリー副社長には頭が上がりませんから、今回も静観しているだけでしょう」(芸能事務所関係者)

 命名者ならば、SMAPに対する愛着もあろう。ジャニー喜多川が仲裁に乗り出せば、SMAPも解散せずに済みそうなものだが‥‥。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ジャニー喜多川をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ