美馬怜子「司会2時間で500万円」を自慢するも視聴者の興味は「顔の変化」

1月19日(金)18時14分 アサジョ

 1月17日放送の「良かれと思って!女性芸能人50人 業界の裏側暴露SP」(フジテレビ系)に出演した元お天気キャスターの美馬怜子。過去に大手企業の株主総会の司会を務め、拘束時間2時間で500万円のギャランティだったことを明かして話題になっている。社名は最後まで明かさなかったが「30分くらいは社長と打ち合わせ。早く終わればジャンケン大会。勝ったらハワイ旅行でした。総会の後のお食事会も4〜5人で300万円くらい食べました」と説明し、スタジオをどよめかせた。

 美馬は06年頃からモデルとして活動開始。153センチという小柄な身長が中山エミリと同じということで、中山が出演するCMの撮影前における照明チェックや立ち位置確認のための「スタンドイン」の仕事もしていたと話し、中山が撮影現場で美馬と顔を合わせても「挨拶してもらえなかった」とこぼす一幕もあった。

「番組には中山も出演していたため、美馬に即座に謝罪しましたが、美馬の表情はあまり晴れませんでしたね。美馬は15年10月に六本木の路上で競馬騎手の武豊と手をつないでいる写真を撮られましたが、不貞関係は完全否定。『美馬の売名行為』との批判にさらされました。その後、所属事務所が『セントフォース』から『スカイコーポレーション』に替わり、コスメコンシェルジュの資格を取得。美容分野の仕事を増やしているようですが、ネット上では『お天気キャスターの頃と顔が変わった』といった声もあがっています」(エンタメ誌ライター)

 相変わらず美ボディの美馬だが、同性からの厳しい視線も相変わらずのようだ。

アサジョ

「美馬怜子」をもっと詳しく

「美馬怜子」のニュース

BIGLOBE
トップへ