竹内涼真の新ドラマ「テセウスの船」の“期待値が爆上がり”するワケ!

1月19日(日)10時15分 アサジョ

 竹内涼真主演ドラマ「テセウスの船」(TBS系)が、1月19日夜9時にスタートする。原作は、漫画家の東元俊哉による同名漫画。題名の「テセウスの船」とは、逆説、背理、逆理とも言われるパラドックスの1つであり“テセウスのパラドックス”とも言われる。

 物語は、31年前に起きた凶悪な殺人事件の犯人・佐野文吾(鈴木亮平)の家族として、世間から迫害を受けながらひっそりと生活していた和子(榮倉奈々)と和子の旧姓を名乗る息子・田村心(竹内)。だが、心の妻・由紀(上野樹里)は、文吾は冤罪ではないかとの疑問を抱き、ひそかに事件について調べていた。そんな由紀だったが、娘の未来を出産すると同時に、命を落とす。心は、娘に自分と同じ辛い生活をさせないためにも、由紀が残したノートを手掛かりに事件について調べようと、現場となった村へ向かう。そこで心は、事件が起きる直前の時代にタイムスリップし、犯人とされる前の父親、殺人犯の家族となる前の母親や姉、兄と会う。

 ドラマウオッチャーは「とにかく、原作が秀逸」と太鼓判を押す。

「読み進むごとにワクワクやドキドキが加速する素晴らしい作品です。この漫画を忠実に映像化すれば、ドラマの世界に引き込まれることは間違いありません」

「グランメゾン東京」に続く日曜劇場。今作も大いに期待できそうだ。

アサジョ

「竹内涼真」をもっと詳しく

「竹内涼真」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ