BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

『トレインスポッティング』の20年後描く『T2』4月公開決定!

シネマカフェ1月19日(木)7時0分
画像:『T2 トレインスポッティング』ポスタービジュアル
写真を拡大
『T2 トレインスポッティング』ポスタービジュアル
画像:『トレインスポッティング』の20年後描く『T2』4月公開決定!
写真を拡大
画像:『トレインスポッティング』の20年後描く『T2』4月公開決定!
写真を拡大
画像:『トレインスポッティング』の20年後描く『T2』4月公開決定!
写真を拡大
ユアン・マクレガーの出世作にして、90年代に世界中を熱狂させた『トレインスポッティング』。その主人公たちの20年後を描く続編『T2 トレインスポッティング』の日本公開日が4月8日(土)に決定、ポスタービジュアルが解禁となった。

舞台はスコットランド、エディンバラ。大金を持ち逃げして以来、20年ぶりにオランダから舞い戻ってきたマーク・レントン。そして、表向きはパブを経営しながら、売春、ゆすりを稼業とするシック・ボーイ。家族に愛想を尽かされ、孤独に絶望しているスパッド。刑務所に服役中のベグビー。想像通り? モノ分かりのよい大人にはなれず、荒んだ人生を疾走する彼らが、いま再会を果たす。再び彼らが選ぶ未来とは——。

ダニー・ボイルの監督2作目としてイギリスはもとより、アメリカ、そして日本などでも大ヒット、90年代ポップ・カルチャーの代名詞として社会現象となった『トレインスポッティング』(’96)。およそ20年の時を経て帰ってきた本作は、主演のユアンをはじめ、ボイル監督、脚本のジョン・ホッジとオリジナルのスタッフ&キャストが再集結を果たした。

解禁となったポスタービジュアルには、「僕らが選んだ—20年後の『未来』」のコピーとともに、現在のスパッド(ユエン・ブレムナー)、レントン(ユアン・マクレガー)、ベグビー(ロバート・カーライル)、シック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)のオリジナルメンバー4人が、それぞれ“トイレ”からこちらに視線を向けている。時の流れは感じさせるものの、彼らはあまり変わっていないような…?

モノクロのビジュアル、オレンジに白抜きロゴの組み合わせは前作のイメージそのまま。また、“トイレ”といえば、前作で最も象徴的なシーンの1つ、レントンがドラッグを見つけるために体ごと便器に入り込むシーンを連想させ、“トレスポ”ファンならずともテンションが上がるものとなっている。

前作から20年たち、いまや40〜50代となった彼らは、どんな人生を選び、どんな未来を見せてくれるのか? 本国イギリスでは1月27日(現地時間)より公開、アメリカでは3月3日限定公開の後、3月10日より拡大公開予定という。

『T2 トレインスポッティング』は4月8日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
Copyright (c) 2017 IID, Inc. All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「トレインスポッティング」をもっと詳しく

注目ニュース
斉藤由貴が大河「西郷どん」辞退 不倫よりも「パンティー被り写真」が重大とのワケは... J-CASTニュース9月21日(木)18時24分
不倫騒動で揺れる斉藤由貴さん側が、次期NHK大河ドラマ「西郷どん」への出演を辞退する申し出を行った。NHKが2017年9月21日、発表した。[ 記事全文 ]
「僕たちがやりました」不道徳過ぎて視聴者あ然 まいじつ9月21日(木)17時30分
(C)Shutterstock窪田正孝や永野芽郁、新田真剣佑といった若手の人気キャストをそろえ、漫画作品をドラマ化した『僕たちがやりました…[ 記事全文 ]
マリオ新作、シリーズ初の「年齢指定」 理由は...「マリオの海パン」!?任天堂に聞く J-CASTニュース9月21日(木)7時0分
ニンテンドースイッチ用ゲーム「スーパーマリオオデッセイ」に、「CEROB」(12歳以上対象)指定がついた。[ 記事全文 ]
陣内智則「面白さのカケラもなくなってる」 ネットニュースが書けなかった本当の面白さとは... J-CASTニュース9月21日(木)20時5分
お笑い芸人の陣内智則さん(43)が、テレビ番組での発言をもとに書かれたインターネットニュースに対し、「微妙な書き間違えでニュアンスも変わり…[ 記事全文 ]
NEWS手越祐也によるイモトアヤコの“安室愛”への神反応が話題「ステージに立つ人だからこそわかること」 モデルプレス9月21日(木)15時2分
【手越祐也/モデルプレス=9月21日】歌手の安室奈美恵が20日、来年9月16日で引退することを発表。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 斉藤由貴が大河「西郷どん」辞退 不倫よりも「パンティー被り写真」が重大とのワケは...J-CASTニュース9月21日(木)18時24分
2 「僕たちがやりました」不道徳過ぎて視聴者あ然まいじつ9月21日(木)17時30分
3 マリオ新作、シリーズ初の「年齢指定」 理由は...「マリオの海パン」!?任天堂に聞くJ-CASTニュース9月21日(木)7時0分
4 陣内智則「面白さのカケラもなくなってる」 ネットニュースが書けなかった本当の面白さとは...J-CASTニュース9月21日(木)20時5分
5 NEWS手越祐也によるイモトアヤコの“安室愛”への神反応が話題「ステージに立つ人だからこそわかること」モデルプレス9月21日(木)15時2分
6 本田翼「演技力成長ゼロ」SPドラマで酷評まいじつ9月21日(木)10時35分
7 フジ「めちゃイケ」、超低迷でも局員が「打ち切りは絶対ない」と言い切る理由アサ芸プラス9月21日(木)5時59分
8 皆藤愛子に「なんで結婚しない?」 美人で未婚だと「性格が悪い」「変な人」扱いするのはおかしいmessy9月21日(木)1時0分
9 元オセロ中島知子、収入源は“ヌード写真集”セクシービデオ出演オファーも赤裸々告白モデルプレス9月21日(木)13時1分
10 安室奈美恵引退の「経済効果」は兆単位!?まいじつ9月21日(木)17時31分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア