ダルビッシュと紗栄子が離婚 養育費はいったいいくらなのか

1月19日(木)20時13分 J-CASTニュース

   米レンジャーズ入団を発表したダルビッシュ有投手(25)とタレントの紗栄子さん(25)が離婚届を出したと所属事務所が発表した。慰謝料はないというが、女性誌は高額養育費の存在を報じている。



   ダルビッシュ有投手は、妻の紗栄子さんとともに、2010年11月20日のブログで離婚協議に入ったことをそれぞれ明かしていた。



「条件については円満に合意」

   ところが、条件を巡って協議が難航していると報じられ、ダルビッシュ投手メジャー挑戦の障害になるのでは、とも懸念されていた。そして、ようやく11年末になって一部スポーツ紙が、2人が条件面で合意し、12年1月に離婚すると報じた。


   今回実際に離婚が成立したことで、ダルビッシュ投手は渡米して野球に集中できる環境が整ったことになる。


   各スポーツ紙が1月19日夕に報じたところによると、2人はすでに離婚届を提出しており、条件については円満に合意したという。慰謝料はないが、子ども2人の親権は紗栄子さんにあり、ダルビッシュ投手が毎月、養育費を支払う。養育費の金額は明らかにされていない。離婚について、2人はこの日夜のブログで、同じ内容の報告をした。


   一方、養育費は高額になったとの報道もある。



高額養育費の報道もあるが、真相は不明

   週刊女性の2012年1月17日発売号の記事だ。それによると、球団関係者の話として、養育費は月に500万円にも上るという。メジャー行きを前にして、ダルビッシュ投手側が紗栄子さんに譲歩したとしている。記事では、慰謝料は5億円としていた。


   マイナビニュースサイトの11年12月28日付記事によると、一般のサラリーマンでは、養育費は子ども1人につき月5万円が相場だという。ネット上では、養育費が月500万円だとしたら、あまりにも高すぎると疑問の声も相次いでいる。


   もっとも、養育費はもっと抑えてある可能性もあり、真相は不明のままだ。


   2人が所属するエイベックス・マネジメントでは、取材に対し、「プライベートな内容を含むご質問なので、弊社からはお答え出来かねます」とコメントした。一方、北海道日本ハムファイターズの広報担当者は、離婚について「本人から何も報告を受けていません」と言っている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ダルビッシュをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ