サッカーアジア杯で審判批判 本田に罰金処分

1月19日(月)16時36分 J-CASTニュース

   サッカー日本代表の本田圭佑選手が、アジアサッカー連盟(AFC)から5000ドル(約58万円)の罰金を科された。AFCが2015年1月19日付の公式サイトで伝えている。

   本田選手は、1月12日に行われたアジアカップ1次リーグ初戦の日本−パレスチナ戦終了後、取材を受けるミックスゾーンで報道陣に対し、主審の判定について「バスケットボールの審判のようだった」と批判するような発言をした。これがAFCの規律違反となったようだ。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

罰金をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ