高橋真麻、ステーキ900g完食 「自己最高グラム数」更新した理由

1月19日(木)19時1分 J-CASTニュース

高橋真麻さん(2016年5月撮影)

写真を拡大

フリーアナウンサーでタレントの高橋真麻さん(35)が、大好きなステーキの食べる量で自己ベストを更新した。

以前にはブログで、「自分で前髪を切る」のに失敗し、不出来な髪型になった傷心を2枚のステーキを食べて癒したことを報告したこともある彼女。今回、「いつもの計650グラム」を超える「新たな領域」に踏み込んだそうだが、いったい何があったのか。



「いつもは450gの後におかわり200gなのですが」




俳優の高橋英樹さん(72)の一人娘としても知られる真麻さん、通称「マーサ」には、幼い頃から通うお気に入りのステーキハウスがあり、ブログでも度々、店名を出して紹介している。



2016年9月16日のブログでは、前髪を自分で切ったのだが、イメージ通りにならず「大後悔」する結果となったことを報告。モチベーションが上がらない自分を甘やかしてあげようと、このお気に入りステーキハウスに行き、2枚のステーキを食べたと写真付きで伝えた。この際はステーキのグラム数には触れていない。



今回、17年1月18日夜に更新したブログで、真麻さんは同ステーキハウス行きを見出しにまで使って紹介し、


「いつもは450gの後におかわり200gなのですが」

と、「通常運転」時のグラム数が計650gであることを明かしつつ、今回、


「初めて450gを2皿食べました(笑)」

と計900gを平らげたことを、さらりと報告した。



ステーキ900gは、どのくらいの量なのか。ためしに、都内を中心に30店以上の「ステーキカフェ」を構える「KENNEDY(ケネディ)」のサイトを見ると、メニューにあるステーキのグラム数は、「120g」「200g」「250g」「300g」などで、確認できる範囲で最大は「BIG 500g」だった。



いつもの店に「しばしの別れを...」




真麻さんは18日のブログで、自身が(恐らく肉を)頬張る顔写真とステーキ写真2枚を掲載、サラダとコーンスープなども「最高!」と綴っている。



自身の最高量のステーキを食べた理由については、真麻さんブログやテレビ局の番組情報などを総合すると、20日放送予定の日本テレビ系番組で、真麻さんがこのステーキハウスを紹介するようで、この番組が放送されると、お店は


「確実に長蛇の列の日々となり」

「暫く入れなくなりそうなので」

「しばしの別れを偲んで」(本文ママ)

の大食いだったようだ。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ステーキをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ