ドラマで披露「キムタク走り」はちょっと変? なぜか止まったままのようにも見え

1月19日(金)13時29分 J-CASTニュース

木村拓哉さん

写真を拡大

木村拓哉さん(45)主演のドラマ「BG〜身辺警護人〜」がテレビ朝日系で始まり、木村さんの独特な「走り方」がネット上で話題になっている。


真っ白なパーカーとトレーニングパンツの姿で海辺を疾走する木村さんの姿が、ドラマの開始早々に出てくる。しかし、その走り方が一般的なものとちょっと違っているのだ。




全力で走っているようだが...




「BG〜身辺警護人〜」は、木村さん扮する警備保障会社のボディーガードが、様々な厳しい任務を命ぜられながらも試練を乗り越えていく姿を描く。共演者は、江口洋介さん、斎藤工さん、菜々緒さん、石田ゆり子さんら豪華メンバーだ。



2018年1月18日夜に初回が放送され、平均視聴率は、関東地区で15.7%に達した。木村さんが前回主演したTBS系「A LIFE〜愛しき人〜」の初回14.2%を上回る滑り出しとなった。



そんな中で、ツイッター上などで注目を集めたのが、木村さんの走り方だ。



全力で走っているようだが、背筋をピンと伸ばしたまま。上下の揺れがまったくないので、まるで手足だけが動いているようだ。走っているのに、なぜか止まったままのようにも見える。



そのスタイルに、「走り方が拓哉なんだよねー」「キムタクの走り方、、、少し独特」「意外とダサい」と突っ込みが次々に入った。



一方、木村さんのファンには見慣れた姿だったらしく、「相変わらずの走り方にほっとした」「ファンなのでそのダサさも愛しかったりする」「拓哉くんの走り方好きー」などと書き込まれている。

J-CASTニュース

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

BIGLOBE
トップへ