本当に同じ映画!? 実写版「ピーターラビット」日本版予告が「...何か違う」

1月19日(金)19時56分 J-CASTニュース

日本人向けの特報(画像は「SonyPicturesJapan」が公開した「映画『ピーターラビット』特報」より)

写真を拡大

シリーズ累計1億5000万部のベストセラー絵本「ピーターラビット」のハリウッド実写版が、2018年5月に日本で公開される。

先日、同映画の日本人向けの特報が公開された。ところが、これに「違和感」を覚える人が続出している。



「アメリカ版と予告が違いすぎる件」



「ピーターラビット」シリーズは、イギリスの絵本作家、ビアトリクス・ポター氏によるベストセラー。1902年に刊行された「ピーターラビットのおはなし」(原題は「The Tale of Peter Rabbit」)から100年以上経った今もなお、世界中の人々に読み継がれ愛されている絵本とあって、注目度も高い。



今回の映画を紹介する動画は、アメリカが2017年11月に、日本人向けのものが2018年1月17日にそれぞれYou Tubeに公開された。



この"日本版"が公開された直後から"本家"と様子が随分違うと、ツイッターなどで話題になっているのだ。



2018年1月17日、「SonyPicturesJapan」が日本人向けに公開した約30秒の動画では、落ち着いたナレーションで映画が紹介されている。



「青いジャケットがトレードマークのうさぎのピーターと、自然を愛する心優しい女性・ビア、都会から引っ越してきた男性・トーマスの楽しくってロマンティックな物語」


内容も、原っぱを駆けるピーターの姿や、ビアとトーマスがいい雰囲気で見つめあっている姿が印象的な、ほっこりハートフルな様子だ。



見た人からは、



「日本版予告編見たけど海外の予告編と雰囲気が全然違うぞ!!?本当に同じ映画なのか!???」

「アメリカ版と予告が違いすぎる件」

「日本版は予告詐欺になるなぁ」

「...何か違う」

と、本家のオフィシャルトレーラーから受ける映画の印象と大幅に異なるという声が続いた。


本家予告はアクションシーン満載


一体何が違うのか——。2017年11月に「Sony Pictures Entertainment」がYou Tubeに公開したオフィシャルトレーラーでは、うさぎのピーターがテンション高めにおしゃべりし、いたずらな一面がフィーチャーされ、軽快なアクションシーンも多い。



たしかに"日本版"とは明らかにテンションが違う。



SNSなどでは、


「ヒャッホー!系のうさぎ、とても良い良い好きだよそういうの!」
「疾走感さいこうかよ」

「海外版の予告の方が見てみたくなる、弾けてて楽しそうw」

「むっちゃテンション高い〜〜!」

と興奮する人が続出。ハリウッドならではの演出を期待する声も多く見られる。


日本での映画の公開は5月とまだ先。日本向けの予告の続報が待たれる。

J-CASTニュース

「ピーターラビット」をもっと詳しく

「ピーターラビット」のニュース

BIGLOBE
トップへ