NGT山口問題は完全スルー AKBグループ「リクアワ」初日に起きたコト

1月19日(土)11時6分 J-CASTニュース

77位にランクインした「世界はどこまで青空なのか?」を披露するNGT48。この日はNGTから3曲がランクインした

写真を拡大

ファンの投票でAKB48グループの楽曲を選んでランキング発表する恒例のコンサート「AKB48グループリクエストアワーセットリストベスト100」(リクアワ)が2019年1月18日、都内で開幕した。

山口真帆さん(23)をめぐる問題で揺れるNGT48も出演。この日発表された25曲(100〜76位)のうち、NGTの楽曲は3曲ランクインした。約2000人(主催者発表)の観客からは歓声も飛んだが、山口さんや、事件への関与を指摘されて否定したメンバーは姿を見せなかった。終演後に出演メンバーが更新したツイッターでも山口さんに関する言及はなく、返信欄には様々な声が交錯した。



発売時の選抜メンバーには山口さんも含まれていた



18年の「リクアワ」では、投票対象になったNGTの全27曲が上位100曲の中にランクインするという圧倒的な強さを見せたこともあって、NGTの楽曲は19年も動向が注目されている。さらに、NGTメンバー(AKBと兼任する人を除く)は1月20日に千葉市内で開かれる握手会への出席見合わせが発表されたばかりで、リクアワに出演するかどうかも焦点になっていた。



この日ランクインしたNGTの楽曲は、「あとで」(99位)「大人になる前に」(93位)「世界はどこまで青空なのか?」(77位)の3曲。そのうち「世界はどこまで青空なのか?」は、NGT48の2枚目のシングルの表題曲で、18年のリクアワで1位を獲得した楽曲だ。センターポジションは荻野由佳さん(19)。発売時の選抜メンバー18人には、今回の事案の被害者の山口さん、ツイッターで関与を否定した太野彩香さん(21)、西潟茉莉奈さん(24)も含まれていたが、この日は出演しなかった。



NGTメンバーはMCに登場せず



荻野さんは笑顔で観客に手を振るなどしていたが、AKB48と兼任する柏木由紀さん(27)を除けば、トーク(MC)の場面にNGTメンバーが登場するなどして言葉を発することはなかった。



ただ、終演後に出演メンバー17人の大半がツイッターを更新。荻野さんは、



「投票してくださった皆様本当にありがとうございました !!! 声援 サイリウム グッズ等 皆さんの応援が本当に本当に嬉しかったです。。」


などとファンへの感謝をつづったが、引き続き山口さんに関する言及がなかったことから、返信には非難と応援の声が入り乱れている。



この日は指原莉乃さん(26)も運営批判を「封印」。終始笑顔で、終盤には「ヘビーローテーション」をセンターで披露した。



「リクアワ」は1月19日にも行われ、75〜1位が25曲ずつ3公演にわたって発表される。



(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

J-CASTニュース

「AKB48」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「AKB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ