【保存版】お得にイギリスに行くには!?(後編)

1月18日(土)11時42分 海外ドラマboard

前編に引き続き、公共交通機関の使い方やおススメ無料観光地、お手頃お土産スポットまで「お得に楽しめる」イギリスをご紹介します。

イギリスを、お得に大満喫しよう!

こんにちは!イギリスが大好きな漫画家の竹内です。

前回記事では、お安く楽しく!イギリスを満喫する方法として、移動中の楽しみ方や、宿泊先選びのポイントなどをご紹介しました。

今回は、イギリス滞在中によりお得に過ごせる!実践的な情報をお届けしたいと思います

公共交通機関を使いこなそう!

ツアー旅行も快適ですが、絶対ここにはいってみたい!もっと自由に旅行したい!などの場合、公共交通機関を利用しての移動が欠かせないですよね。
ロンドンは世界で初めて地下鉄が開通した都市というだけあって、「tube(チューブ)」の愛称で呼ばれる地下鉄網が大変発達しています。

また、真っ赤なカワイイ二階建てバスも街中を運行しています。
こちらも深夜まで多数の便があり、目的地まで快適に移動することができます。
私は、二階席に座れると、特にウキウキしてしまいます笑。

この二つを使いこなせれば、ロンドンの主要な観光地にはどこでもバッチリたどり着くことができます。

観光客でも安心!超おススメアプリ

そうはいっても、現地の電車やバスを使いこなすのは難しそう…とお考えのアナタ、大丈夫です!
令和の時代には、こんな頼れるアプリがあります。

こちらの「シティマッパー(Citymapper)」という無料アプリ、ロンドン在住の友人に教えてもらったのですが、もんのすごく便利です!

いわゆる「乗り換えアプリ」なのですが、目的地を入力すると、電車・バス・徒歩での移動を考慮した超最適ルートが一発で検索されるのです!
事前にルート検索をして登録しておけば、オフライン状態でも利用できるので、外出先でも安心です。

デザインがイケていて大変操作しやすく、英語力不要で感覚的に使いこなせるので、英語に自信がない…という方にも安心してご利用いただけます。

対応は、イギリス全土ではなくロンドンやマンチェスターなど一部の都市に限られますが、私のような迷子上級者もばっちり案内してくれるので、重宝すること間違いなしだと思います。

バスを活用してみよう!

このアプリを利用してみて実感したのが「バスめっちゃ安くて便利やん!」ということです。

以前は、バスは複雑すぎて使いこなせず敬遠していたのですが、アプリに「これに乗るんだぜ!」と指示してもらって乗ってみると、非常に使い勝手がよかったです。

ロンドンはバスの本数が大変多く(5〜10分おきに1本程度やってきます)、価格も電車よりずっと安いです。
ロンドン内であれば、ほとんど一律£1.5なので、乗りこなせるとかなり交通費の節約になります。

また、電車より停車場が多いので、目的地の目の前で降りられることや、電波の切れる地下鉄と違い、地上でずっとWi-fiが使えるのも地味に嬉しかった…。

真っ赤な二階建てバスでの移動は観光気分もアガるので、ぜひ臆さずに活用してみてください。

お支払いは、オイスターカードで!

また、交通費の支払いには「オイスターカード」が便利です。

日本の「Suica」のようなICカードで、空港・大きな駅の自販機や窓口で購入が可能です。ロンドン市内であれば、電車や地下鉄、バスなどで使えます。

事前に入金しておけば、ゲートを通った際に各交通機関の最安値で清算されるので、安心&大変便利です。

博物館は、基本無料です。

驚かれる方も多いかと思いますが、イギリスでは多くの博物館、美術館は入場料無料です。

これ、ホントに凄いですよね…!
ロンドンには歩いて回れる距離間にたっくさんの博物館・美術館があるので、お散歩しながらお気に入りを探してまわるのもとっても楽しいかと思います。

そして、節約からは離れてしまうのですが、私は博物館と同じくらい併設のミュージアムショップが大好きでして…
こうした博物館・美術館の多くが寄付などで成り立っていることもあり、お土産は「お布施」だと思っていつもたくさん買ってしまいます笑。

博物館ごとに個性的なグッズが多くて、お土産選びも非常に楽しいです!

素敵なカフェやレストランを併設していたり、夜にクラブイベントを実施している施設もあるので、お気に入りの美術館で丸一日優雅に過ごす…というのも最高ではないでしょうか。

公園、超楽しい!

ロンドンは世界初の「国立公園都市」なんだそうですが、その名の通り、街中にはたくさんの公園があります。
「公園」と聞いてもあまりイメージがわかないかもしれませんが…こちらもまるっと一日堪能できる超お楽しみプレイスなのです。
もちろん公園だから、入るだけなら無料!

まず、公園のスケールがデカいです。
広さはまちまちですが、どこも緑の豊かで都会の中とは思えない空間が広がっています。

さらにリスや野鳥など多数の動物も見かけるので、大人も子どももテンションが上がってしまうこと間違いなしです。
(私はKensington Gardensの野鳥の多さと距離の近さに度肝を抜かれました…)

もちろん庭いじり大国イギリス、ガーデニングも素晴らしいです。
四季折々のお花や緑が楽しめて、旅の途中にリフレッシュできると思います。

そして、そこで過ごす人々の楽しみ方も様々です。
日本でも見かけるように、ワークアウトに勤しむ人や、芝生の上でランチを楽しむ人々のほかにも、夏場には水着で日光浴を楽しむ人たちがいたり、読書する人、歌う人、踊る人…とにかく色々な人がいて、見ているだけでも楽しくなってきます。

美術館や動物園、レストランにはたまた水泳用の池まである巨大な公園もあるので、探検気分で散策してみるのもとても楽しいと思います。

平日のお昼でもたくさんの方が芝生に直座り(スーツでも気にしないぜ!)で思い思いのランチを食べているので、そこに混じってお昼を食べたりすると、お手軽にロンドナー気分が味わえちゃいます。

スーパーマーケット、大活用!

私にとって海外旅行のお楽しみのひとつが「現地のスーパーマーケットに行って、その土地ならではの商品を見てウヒャ〜!っとなること」なんですが、イギリスにも個性豊かなスーパーマーケットが多数あります。

旅行で連日外食していると、どうしてもお腹が緩くなる…という方には(はい、私もそうです)スーパーマーケットのお惣菜やサラダバーで一食というのもお手頃でお腹にやさしくおススメです。

また、私は大手スーパーチェーン「Tesco」や「Sainsbury’s」などで売っている「店内で焼いている、5枚£1くらいのクッキー」が大好きでして…
チョコレートやドライフルーツ入りなど種類も豊富でとっても美味しいので、おやつにぜひ!

また、お高級スーパーの「Marks & Spencer」は駐在員の友人もおすすめの、お土産の宝庫です。

ユニオンジャックモチーフの可愛い缶入りのクッキーや紅茶など、パッケージにもこだわったお土産向きの商品が多数揃っています。
自分用にもバラマキ用にも、ほしい商品が見つかると思うので、お土産に悩んだらぜひ行ってみてください!

あ、余談ですが、英国のビールは基本「バラ売りはビン入り」です。
なぜか缶は、6本入りなどセット売りしかしてないものが多いです。
スーパーには安くて豊富な海外ビールが揃っていて、ビール好きには天国〜!なのですが、栓抜きがないと飲めない!地獄!なので、のん兵衛同志はどうかご注意ください笑。

日本未上陸のファストファッションブランド「PRIMARK」

お手頃土産が発掘できる、おススメなお店が「プライマーク(PRIMARK)」です。

日本未上陸のアイルランド発・ファストファッションブランドなのですが、イギリス国内に多数の店舗を展開しています。
どこも大人気で、いつも店舗は買い物客でにぎわっています。

こちら、なんといっても安い!!

シャツやパンツが数百円から買えちゃうので、経営は大丈夫なの…?と心配になります笑。
通常のお買い物はもちろん、「旅行に来てみたら思っていたより暑/寒かった!」なんて場合や「パンツの数足りない!!」なんて場合にも大変頼りになります。

また、こちらのチェーンではハリポタグッズも多数扱っています。
Tシャツなども物凄く種類が豊富なので、ファンの方は必見ですね!

洋服だけでなく、化粧品やアクセサリー、生活雑貨まで商品も多彩なので、旅の思い出にきっと気に入る一品が見つかると思います。

現地の方が普段買い物しているお店でお土産を探すというのも、素敵な思い出になるのではないでしょうか?

予算と好みに合わせて、楽しい旅を!

2回の記事に分けて、「イギリスをお得に旅する方法」をご紹介しました。
実は、今回の内容は以前私のツイッターでも一部ご紹介していたのですが、その時にも大きな反響がありました。
海外旅行というのは、やっぱり大きな出費ですよねぇ。

もちろん、イギリスにはたくさんラグジュアリーな体験も待っています。
劇場の前方席で本場のミュージカルを観たり、老舗ホテルのアフタヌーンティーを楽しんだり…ご自身がこれは是非!と思われる部分にも愛とお金を惜しみなく与えるというのも、最高に満たされますよね。
私も、漫画が売れまくったら泊まってみたいホテルや行きたいレストランのリストがあります笑。

この記事が、イギリスに行ってみたいけれど、お財布と相談しなければ…という皆さんにとって、お得に旅を楽しむヒントになれば嬉しいなと思っています。
私もまた、お金をためて渡英しなければ!

【前編】記事はコチラ!

【保存版】お得にイギリスに行くには!?(前編) | 海外ドラマboard

海外ドラマboard

「イギリス」をもっと詳しく

「イギリス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ