ドラマ『スパイ』、エリートキム・ジェジュンと問題児チョ・ダルファンのハーモニー

1月19日(月)11時47分 KEJNEWS

【19日=KEJ金善花】『スパイ』キム・ジェジュン(JYJ)とチョ・ダルファンが最高のハーモニーを見せて“ブロマンス・カップル”(ブラザー+ロマンス)の誕生を知らせた。

2人はKBS金曜ドラマ『スパイ』で卓越した分析力を持つ天才エリート情報員ソヌ役(キム・ジェジュン)と一時は有望な情報員だったが、今では厄介者に転落したヒョンテ役(チョ・ダルファン)を演じ、熱演を見せている。

キム・ジェジュンは最善を尽くし任務を遂行する情熱・意欲に溢れるエリートとして、チョ・ダルファンは全ての作戦に無関心な態度を貫いている意欲ゼロ情報員で、正反対の姿を見せている。一見、相性が悪そうな2人だが意外と息のあった姿を見せているとのことだ。

これに関連して、2人の“ブロマンス”が感じられる様子がキャッチされて視線を集めている。チョ・ダルファンが意気揚々とした表情でキム・ジェジュンに冗談を行って、これに負けじとキム・ジェジュンが明るい笑顔で応対している姿だ。

2人は互いの携帯電話を持ち、なにか言い合い(?)ながら、笑い合っては仲のいい姿を見せている。このような2人の親しげな姿に現場の雰囲気も明るくなるとのことだ。

さらにキム・ジェジュンとチョ・ダルファンの仲の良さは、現場のスタッフたちの嫉妬や羨望を集めている。実際の「兄さん」「弟」と呼び合う2人は、仕事の話だけではなく人生についての真剣な会話をしたり、現場でトークショーを広げているという。

そしてキム・ジェジュンはチョ・ダルファンとふざけて写真を撮ったら、チョ・ダルファンは喋りで彼を笑わせたりと常に賑やかな雰囲気だという。

製作陣側は、「キム・ジェジュンとチョ・ダルファンは本当の兄弟なんじゃないかと思うくらいの仲の良さを見せている」「2人の息ピッタリの姿は演技にも自然に活かされている。ソヌとヒョンテの活躍に関心を寄せてほしい」と伝えた。

一方、16日に放送された第3話、4話ではヒョンテが最高の人材だったが一瞬にして悩みの種に転落したという過去が明らかになった。ソヌは、工作員が韓国に来た目的を把握する必要があるとヒョンテの家を訪ねて説得したが、跳ね返されてしまう。しかし、作戦を強行したソヌ。最終的にスヨンが死んでしまい、今後の展開に注目が集まっている。

KBS金曜ドラマ『スパイ』は23日9時30分から2話連続で放送される。(写真提供=IMTV、DNコンテンツ、スタジオセブン)

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドラマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ