映画『江南1970』欲望が渦巻く土地カンナムに飛び込んだイ・ミンホとキム・レウォンの予告編公開

1月19日(月)11時15分 KEJNEWS

【19日=KEJ金善花】 イ・ミンホ、キム・レウォン主演の『江南(カンナム)1970』が2人の若者キム・ジョンデ(イ・ミンホ)とペク・ヨンギ(キム・レウォン)のキャラクター予告編を公開した。

体1つ、自分の拳だけを信じてきた孤児出身のジョンデ。韓国不動産における開発が始まりだした70年代、ジョンデも土地への欲望を強く表現している。
가진 건 몸뚱이 하나, 믿을 건 싸움 실력뿐인 고아 출신 김종대. 한국 부동산 신화의 시작이 된 1970년, 종대 역시 땅을 향한 열망을 강하게 드러내며 누구보다 치열하게 그 시대를 살아간다.

「土地を一度大きく呼び込んでみよう」「俺が走ったとこまで全部俺の土地だ」と意気揚々とした様子から、1人壁に寄りかかりため息をついている姿などが映し出され、ジョンデは最後どうなるのかという好奇心が掻きたてられる。

欲望と義理、裏切りが交差する土地をめぐる戦いで家族のため全てを手に入れようとしたジョンデは、俳優イ・ミンホが今までに見せなかった新たな姿で演じて見せる。

一方、キム・レウォンが演じるペク・ヨンギは同じく孤児院出身でジョンデと離れ離れになったあと、素早い仕事スピードと強い野心で一気に明洞(ミョンドン)ナンバー2まで上り詰める。まだまだ高みを目指すが、いつ堕落するのかわからない危険な道を走っている人物。

キャラクター予告編の最後にヨンギは「ここまで来たのに」からは激動の時代に人生逆転を狙い駆けぬけようとした2人の男の覇気となぜか切なさが感じられる。どのシーンも目標に向かって、必死に向かっていくヨンギを通じてキム・レウォンは観客の心を掴むことだろう。

70年代ソウル、開発が始まった江南の土地をめぐる2人の男の欲望、義理、裏切りを描いたユ・ハ監督の最新作でイ・ミンホとキム・レウォンの共演やチョン・ジニョン、キム・ソルヒョン、ユ・スンモク、キム・ジスなどの演技派俳優が出演し、期待を集めている映画『江南1970』は1月21日に公開される。

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

映画をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ