BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

伝説の鶴光ラジオがTVで復活! さっそく若手グラドルがスタジオ生着替え!!

メンズサイゾー1月19日(木)10時0分
画像:伝説の鶴光ラジオがTVで復活! さっそく若手グラドルがスタジオ生着替え!!
写真を拡大

 ニッポン放送をキー局として、日本全国で放送されているラジオ番組『オールナイトニッポン』。現在の日替わりパーソナリティーには、最長記録を更新し続ける岡村隆史(46)や国民的アイドルグループのAKB48らがおり、今なお高い人気を誇る深夜ラジオの代表格だ。


 その『オールナイトニッポン』が、今年10月に放送50周年を迎える。これを記念し、1974年年から10年以上続いた『笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』がケーブルテレビ・J:COMの制作によって復活。すでに初回が放送され、往年のラジオリスナーの間で話題になっている。


 落語家・笑福亭鶴光(68)による深夜ならではのお色気トークで若者から絶大な支持を集め、「伝説の深夜ラジオ」と称される同番組。「わんばんこ。鶴光でおま」「え〜か? え〜のんか?」などのフレーズは当時のマセた男子中高生の間で大流行し、鶴光は"下ネタの教祖"と呼ばれた。


 番組の柱となった投稿コーナーは、下ネタを連想させつつ、実はまったく違う話だったというオチの「ミッドナイトストーリー」やバージン喪失の様子を面白おかしく報告する「初体験」など、エロとユーモアを絶妙にミックスさせたものがほとんど。そんな番組がテレビで放送されるとあって、14日の初回を楽しみにしていたファンは多い。


 鶴光本人も番組の制作が決まった際に、「知らんで、責任持たんで!」と、ぶっちゃけトークを予告。そして、番組が『オールナイトニッポン』でお馴染みのオープニングテーマ『ビタースウィートサンバ』で始まると、ネット上には「待ってました!」の声が上がった。


 といっても、2時間生放送のテレビ版は、視聴者から寄せられた巷の話題などをテーマにしたトークがメインで、健全なバラエティといった印象。そもそも制作サイドは、「鶴光さんの同世代を含めた40〜60代を元気づける内容にしたい」とコメントしており、直接的なお色気要素は封印するつもりだったようだ。


 しかしゲストが登場すると、スタジオは一気に華やかな雰囲気に。鶴光のテンションを上げたのは、グラビアアイドルの佐倉仁菜(さくら・にな/24)だ。


 10代のころからグラドルとして活動し、昨年の『ミスヤングチャンピオン』グランプリに選ばれた佐倉。スリーサイズは上からB85・W59・H87(cm)で、均整の取れたプロポーションとキレイな黒髪が印象的な正統派美女だ。そんな佐倉はスタジオに入るなり、シャツとスカートを脱ぎだしてビキニ姿に。生着替えの後にはセクシーな表情でヒップを突き出したりバストの谷間をアピールし、鶴光を悩殺しまくった。


 佐倉のお色気ショットはネット上のグラビアファンの目にも留まったようで、放送後に画像がアップされると番組を見ていない人からも興奮気味な絶賛コメントが寄せられることとなった。CS放送などでしか見られないため、大きな話題になっているわけではないが、当時の空気感を思い出した人も多いようだ。
(文=愉快)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ラジオ」をもっと詳しく

注目ニュース
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
香取慎吾、今後は「芸術活動」が主軸?高く評価される実力とは! アサ芸プラス9月25日(月)9時58分
晴れて、新たに所属事務所が決まった香取慎吾。SMAPのCDデビュー日(91年9月9日)の前日に、およそ30年も所属したジャニーズ事務所を退…[ 記事全文 ]
松本潤が「イッテQ」で体を張る裏事情 まいじつ9月24日(日)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『嵐』の松本潤が10月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)にゲストで出演する。[ 記事全文 ]
でんぱ組卒業の最上もが、久々の姿にファン喜び 日刊スポーツ9月25日(月)17時6分
アイドルグループでんぱ組.incを卒業した最上もが(年齢非公表)が久しぶりにメディアに姿を現した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア