松本人志、ゲーム規制条例案に異論「寝る間も惜しんでやってもいい」

1月19日(日)12時2分 マイナビニュース

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、19日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00〜11:15)で、香川県議会が18歳未満を対象にした「ネット・ゲーム依存症対策条例」を検討していることについてコメントした。

同条例は、18歳未満のスマホやパソコン・ゲーム機の使用について平日は60分、休日は90分までとするもの。夜間の使用については、中学生以下が21時まで、高校生は22時までと細かく制限されるが、いずれも罰則規定はないという。

ゲーマーとしても知られる松本は、「ゲームの種類にもよりますよね。テトリスみたいなものを延々やっているのは確かにあまり」としつつ、「『ゼルダの伝説』みたいなのは、1時間ぐらいで伝説になれへんからね」と指摘して笑いを誘い、「最後までクリアした思い出というか。絶対に大事だし、寝る間も惜しんでやる時期はあってもいいのかなと思いますね」と私見を述べていた。

マイナビニュース

「条例」をもっと詳しく

「条例」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ