やっぱり"TSF"のパワーってすごい!『ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている』

1月15日(木)3時0分 おたぽる

『ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている』第1巻(柚木涼太/竹書房)。

写真を拡大

 昨年、やたらと男の娘とTSF(トランス・セクシャル・フィクション)ものをレビューしていたら、完全になんかの変態だと思われているフシがあることに気づいた。ドラえもんはもう来てくれなそうだから、"目が覚めたら美少女"くらいしか夢はないじゃないのさ!

 で、今回も、まったく懲りることなくTSFものを紹介することにする。でも、柚木涼太氏のマンガ『ボクの女子力はあの娘のパンツに詰まっている』(竹書房)は、男→女じゃなくて女→男なのである。

 物語の主人公・三輪アキラはカッコイイ女子であった。......あったはずなんだけど、目が覚めたら男になっていた。息子が欲しかったという父親が、性転換の得意な呪い屋さんに、実の娘を呪ってもらったのである。ハイ、こうして男になってしまったアキラくん。もともとボーイッシュだったけど、男子になったらイケメンである。当然女子にはモテモテだけど、どうしても女の子に戻りたい!

 現れた呪い屋さん(可愛い)が解説するには、「恋する乙女の勝負パンツ」には「女子力」が詰まっているので、それを履けば女子力が吸収されて元に戻ることができるんだとか。でも、そのためには何人もの恋する乙女のパンツを脱がして履かなきゃいけないのである。完全に変態なんだけど、さらに女子力を吸収する時には絶頂に達する。パンツを履いただけで、イキ顔になっているのである。物語は基本一話完結で進み、回を追うごとに作者もツボを掴んでいるのか、イキ顔が素敵になっていく。しかも、回によっては汁描写まで......女子力どころか、完全に男子力を放出しているではありませんか!

 女子力が吸収できるパンツは「恋する乙女の勝負パンツ」限定というわけで、アキラくんが履くパンツの主は親友や隣のお姉さんとか、見知った関係ばかり。この女子たちも、アキラくんのイキ顔に発情しているのが、もう。

 非18禁なのに、なんでこんなにイキまくれるのか? やっぱTSFのパワーってすごいわ!
(文/ビーラー・ホラ)

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

女子力をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ