BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ウーロンの名台詞が“アレ”じゃない! JR東日本が選んだ『ドラゴンボール』キャラの名セリフに違和感?

おたぽる1月19日(木)16時0分
画像:『JR東日本』公式サイトより。
写真を拡大
『JR東日本』公式サイトより。

 1月10日から2月27日にかけて開催されている、JR東日本と『ドラゴンボール』のコラボ企画「JR東日本 そうさ今こそ! ドラゴンボールスタンプラリー」。山手線を中心とした63駅+東京モノレール2駅にスタンプ台が設置され、Twitterなどでは参加したという体験談も多数あげられ、大いに盛り上がっているようである。しかしこの企画には、ファンならばどうしても気になるツッコミたくなる点があった。

 このスタンプラリーでは駅ごとに『ドラゴンボール』シリーズのキャラクターが一人設置されており、スタンプ台にはキャラクターの軽いプロフィールが書かれている。そしてその欄の「名セリフ」というところが、どうにも納得のいかないものがあるというのだ。

 印象的な名セリフがあるキャラ、例えば孫悟空(超サイヤ人)の「クリリンのことかーーーっ!!!!!」、フリーザ(第一形態)の「わたしの戦闘力は530,000です」、ベジータの「へっ! きたねえ花火だ」、ベジットの「俺にださせてくれよ?……本気を」、ゴジータの「オレは悟空でもベジータでもない オレはキサマを倒す者だ!!」、ブロリーの「手かげんってなんだ?」といったあたりはマニアもおおむね納得。

 さらに人造人間17号の「そのムダが楽しいんじゃないか」、人造人間18号の「感謝なんかしてないからな!! タコ!! またな」、亀仙人の「武道は勝つために励むのではない 己に負けぬためじゃ」、ビーデルの「ぶじ帰ってこられたらデートとかしたいから……!」といったチョイスも、ファンの間では大人気のセリフなので、選考したスタッフに対して「愛がある」と絶賛の声が飛ぶ。

 だが「いやそれじゃないだろ!」とツッコまれるキャラも。まずは悟空の父親・バーダッグの「オレはキサマが許せねえ!!」。少し長いがバーダッグには「これで……全てが変わるこの惑星ベジータの運命……この……オレの運命! カカロットの運命、そして… 貴様の運命もっ!」というものと「カカロットよ……このオレの意志を継げ! サイヤ人の……惑星ベジータの仇を、お前が討つんだ!」といった名セリフが二つもあるので、ファンは納得がいかない様子。

 他にもピッコロ大魔王の名セリフとして書かれている「この私を若返らせてくれ!!——」といったセリフよりも、「ポコペンポコペン……ダーレガ ツツイタポコペン……」「わが子よ…いつの日か、父の恨みをはらしてくれ……! 悪の根をたやしてはならんぞ……」、ブルマの父親・ブリーフの「おまえたちはキスぐらいはいったのか?」より「ステレオのスピーカーの位置がなかなかきまらんのじゃ……」にすべきといった意見がある。

 そしてなんといってもウーロン。彼のセリフは「パンツには自信がある! さあ!!えんりょなくはけ!」が採用されているのだが、なぜ超有名な台詞で、ある意味世界を救ったセリフでもある「ギャルのパンティおくれーーーっ!!!!!」を採用してほしかったという声が多かったようだ。

 とはいえ、長期にわたって展開され続けてきた超人気作『ドラゴンボール』だけあって、名セリフが多い。決める人も大変だったことだと思われるので、広い心でキャンペーンを楽しんでみてはどうだろうか。

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「JR東日本」をもっと詳しく

注目ニュース
鈴木砂羽騒動、信頼関係のなさ露呈しあまりにお粗末 日刊スポーツ9月23日(土)12時43分
女優の鈴木砂羽(44)が主演・初演出した舞台「結婚の条件」が、女優2人が鈴木から「人道にもとる数々の行為を受けた」として降板したこともあっ…[ 記事全文 ]
夏菜、豊満バストこぼれ落ちそうなキャバ嬢ショットにファン興奮! 「まだ大きくなる?」と期待も おたぽる9月23日(土)9時0分
来月から放送予定のドラマ『ハケンのキャバ嬢・彩華』(AbemaTV・朝日放送の共同製作)に夏菜が主演することが18日に発表された。[ 記事全文 ]
板野友美が元カレTAKAHIROに暴露攻勢 まいじつ9月22日(金)16時0分
(C)まいじつ9月1日に『EXILE』のTAKAHIROと武井咲と結婚を発表した。[ 記事全文 ]
TOKIO城島&山口が再び“幻の魚”捕獲 “釣り名人”嵐・大野もぼう然「これはすごすぎる…」 オリコン9月23日(土)12時0分
今年4月に“学会で発表するレベル”という超貴重な生物で幻とも呼ばれる「古代サメ・ラブカ」を東京湾で生きたまま捕獲した、人気グループ・TOK…[ 記事全文 ]
元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋> モデルプレス9月23日(土)10時0分
【歌恋/モデルプレス=9月23日】2009年に女子高生演歌歌手としてメジャーデビューした歌恋(24)が、23日の放送の「有吉反省会」(毎週…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 夏菜、豊満バストこぼれ落ちそうなキャバ嬢ショットにファン興奮! 「まだ大きくなる?」と期待もおたぽる9月23日(土)9時0分
2 鈴木砂羽騒動、信頼関係のなさ露呈しあまりにお粗末日刊スポーツ9月23日(土)12時43分
3 板野友美が元カレTAKAHIROに暴露攻勢まいじつ9月22日(金)16時0分
4 香取ら3人所属の会社名で検索 信用調査会社データ「役員欄」を見ると...J-CASTニュース9月22日(金)19時44分
5 TOKIO城島&山口が再び“幻の魚”捕獲 “釣り名人”嵐・大野もぼう然「これはすごすぎる…」オリコン9月23日(土)12時0分
6 篠原涼子、主演ドラマが「解散総選挙」で内容が大幅変更は必至!アサ芸プラス9月23日(土)9時59分
7 元“女子高生演歌歌手”整形をカミングアウト 元ギャル、結婚、子持ち…初告白の連続<歌恋>モデルプレス9月23日(土)10時0分
8 高橋一生の“後ろからハグ”表紙にネット女子たちの妄想爆発女性自身9月23日(土)6時0分
9 米倉涼子が「ずっと不機嫌」「写真修正急増」「取材コメント削除」の異常事態messy9月22日(金)18時0分
10 「僕たちがやりました」不道徳過ぎて視聴者あ然まいじつ9月21日(木)17時30分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア