雅子さま、未来の皇后に向け前進 お休みの具体的理由示す

1月19日(金)7時0分 NEWSポストセブン

未来の皇后に向けて前進される雅子さま

写真を拡大

 太平洋戦争末期の沖縄戦最後の激戦地・糸満市には、18万人以上の遺骨が納められた『国立沖縄戦没者墓苑』がある。その地を皮切りに、3月18日から3日間の日程で、天皇皇后両陛下が11回目の沖縄訪問を果たされる。


「来年4月末の退位までに残された時間は、天皇皇后としての両陛下の集大成といえます。戦跡地や被災地訪問など、これまで両陛下が心を砕かれてきたお出ましなどが続くことになるでしょう」(皇室記者)


 元日から行事や祭祀が立て続けに行われ、両陛下は多忙な新年を過ごされた。そんな最中の1月9日、皇居で両陛下、皇太子ご一家、秋篠宮ご一家が集まる食事会が予定されていた。


「恒例の新年の食事会です。めまぐるしい日々から少しだけ離れて、毎年必ずご家族で集まってゆったりとしたお時間を過ごされつつ、今年1年間を平穏無事に過ごせるように祈念されるそうです。ところが、今年は皇太子ご一家のお姿がありませんでした」(宮内庁関係者)


 1月4〜6日の日程で長野県にスキー合宿にお出かけになった愛子さまが、インフルエンザに罹ってしまったことが欠席の理由だった。


「1月5日には、ご一家で参加されないことが決まったそうです。両陛下はともに80才を超えられていますし、もしうつしてしまうようなことがあれば一大事。当然の配慮だったのでしょう。結局、両陛下と秋篠宮ご一家のみで行われました。ですがせっかくなら、みなさまがお揃いになれる機会に延期するという選択肢もあったのではないかと思います。皇太子家と秋篠宮家の足並みの揃わなさに、違和感を覚えてしまいます」(前出・宮内庁関係者)


雅子さまは動揺されなかった


 翌10日、皇居・宮殿の松の間で『講書始の儀』が執り行われた。陛下や皇族方が各分野の権威3名に講義を受けられる新年の行事で、雅子さまは2003年以来15年ぶりに出席された。


「日本史に認知科学、光科学と大変高度な内容でした。東大からハーバード大と才媛でいらっしゃる雅子さまは、熱心なまなざしで講義をお聞きになっていました」(前出・皇室記者)


 その2日後には、こちらも新年恒例の『歌会始の儀』が行われた。だが、『講書始の儀』と同じく15年ぶりの雅子さまの出席は叶わなかった。


「連日の行事によるお疲れを考慮してのことだったと聞いています。新しい年を迎え、雅子さまへの期待が膨らんでいただけに、落胆の声も聞こえました。ですが、同じ欠席でも大きな変化があったんです。


 東宮大夫の会見で、欠席の理由が“一定の所作があることと、所要時間が『講書始の儀』と比べて長いことが負担になる”と明かされたのです。これまで、雅子さまが公務などをお休みになる場合 “医師団と相談して総合的に判断した”といったような言い回しばかりで、具体的な理由が示されることはほとんどありませんでした。皇后となられる日が来年に迫ったことで、より国民に詳しい状況を伝えなければいけないという雅子さま、ひいては皇太子さまのお考えなのでしょう」(皇室ジャーナリスト)


 その姿勢は、前述した愛子さまの不調にも見て取れる。


「愛子さまのインフルエンザ罹患は、わざわざ宮内庁ホームページに発症の日付やその後の対処法が掲載されたのです。これは大変異例なことで、その背景には、間もなく“天皇皇后の娘”となられる愛子さまについて、広く国民に知らせるべきだというご夫妻のお考えもあったといわれています。


 また、長野から愛子さまのご不調を伝え聞いた雅子さまは、大きな動揺は見せられなかったと聞きます。これまで公より私を優先し、愛子さまとの“母娘密着”が批判の的になったこともありましたが、母親としてのお気持ちの大きさに負けないくらい、未来の皇后としてのご自覚が芽生えた証左なのでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)


撮影/本誌・田中麻以


※女性セブン2018年2月1日号

NEWSポストセブン

「皇后」をもっと詳しく

「皇后」のニュース

BIGLOBE
トップへ