稀勢の里引退 無念と悔しさ一層滲ませた「逃げない」信念

1月19日(土)16時10分 NEWSポストセブン

現役引退の会見で涙を見せる稀勢の里

写真を拡大

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人やトピックスをピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、引退を発表した第72代横綱・稀勢の里を分析。


 * * *


 大相撲、第72第横綱・稀勢の里が、17年間の力士生活に幕を下ろした。初場所から3日間、ハラハラしながら取り組みを見ていただけに、引退速報が流れた時は「あぁやっぱり」と思った。19年ぶりに日本出身横綱となった稀勢の里について、コラムを書いたのがちょうど2年前の1月だ。わずか2年で、引退会見についても書くことになるとは残念で仕方ない。


 両国国技館で行われた会見場に、ゆったりとした足取りで現れた稀勢の里は、「引退」を口にした時も落ち着いた表情を見せていた。だが質疑応答が始まると、感情の起伏をあまり表に出さない力士と言われていた横綱の目に、見る見るうちに涙が溜まる。


 この日、稀勢の里が選んだのは鮮やかなえんじ色の着物に山吹色の袴。えんじ色も山吹色も伝統的な色で、日本人が好むといわれる色だ。えんじ色は理知的なイメージを感じさせる色であり、赤系は自分の気持ちやエネルギーをアップさせ、感情を強く表現できる色と言われる。この色を着たことで、それまで抑えてきた感情が一気に溢れ出たとしても不思議ではない。


 引退の心境を聞かれると、「皆さまの」と声を震わせ、「期待に沿えられないことは非常に悔いが残る」述べた。続けて「私の」と言いかけたが、声を詰まらせる。そして、「土俵人生に一片の悔いもございません」と頷きながらも言い切った後、唇を噛んだ稀勢の里。その頬に涙が伝う。ケガをしても土俵に上がったこと、完治しないまま場所に出場したことなど、あの時、こうしていればという悔いはないが、横綱として思う存分戦えなかったこと、その姿を人々に見せられなかったことは無念で残念で悔しいのだろう。

 

「土俵人生で貫いてきた信念は」と問われると、「絶対に逃げない気持ち」とかすれた涙声で答えた。また、引退の理由について、「やり切った」「自分の相撲が取れなくなった」「ケガをする前の自分に戻れなかった」と、何度も涙を拭いながら説明した稀勢の里。「このまま潔く引退するか、いつも自問自答していた」と話すその言葉から、「もしかすると自分は引退を先延ばししているのかもしれない」そんな葛藤と心の中でずっと戦っていたことを伺わせた。


 



 先延ばしは、開始や完了を意図して遅らせるだけでなく、事態が悪くなることが予想できるにもかかわらず決定を遅らせる、という心理でもある。「期待を裏切りたくない」、「失敗したくない」、「完全にやり切りたい」などの気持ちが強いと先延ばしをしやすいという。自分のためだけでなく、ファンや人々の期待に応えるため相撲を続けようとした稀勢の里。しかし、「まだやれる」と思えるうちは、引退を決意することが期待や重責からの逃げと感じていたのではないだろうか。


 ところが、「一生懸命やってきた」という思いとは裏腹に、復活を期待された初場所は初日から連敗する。メディアの報道も世間の目も厳しさを増す中、取り組みを待つその顔には、横綱として初優勝を決めた場所で見せた、奥歯を噛みしめたような集中した表情はなかった。口先や口元に力が入った緊張感の強い表情ばかりが目立った。


 最後の取り組みでは、栃煌山に寄り切られると身体から力がすっと抜けた。見ていた誰もが、横綱は勝負を諦めたと感じただろう。そしてそれは、まだやれるという思いや闘志がプチッと切れた瞬間にも見えた。


「もう自分の相撲が取れない」、そう感じた横綱にとって、引退の先延ばしは現状からの逃げにつながる。「絶対に逃げない」という信念を持つ稀勢の里は先延ばしをしなかった。亡き師匠の「横綱になると見える景色が違う」という言葉について実感を問われると、「まだまだ先代が見ていた景色は見れなかった」と声を詰まらせ、ぼろぼろと涙をこぼして無念さを滲ませ、引退する道を選んだ。


現役を引退して年寄「荒磯」を襲名した稀勢の里は、今後は親方として「一生懸命相撲を取り、けがに強い力士を育てたい」と抱負を語った。きっとこれまでの経験も無念さも糧にして、強い力士を育ててくれることだろう。いつか荒磯親方が指導した力士が優勝したというコラムが書ける日が来ることを、心から願っている。

NEWSポストセブン

「稀勢の里」をもっと詳しく

「稀勢の里」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ