佐久間良子 平岳大へ、役者として、母親としての思い

1月19日(土)16時0分 NEWSポストセブン

佐久間良子にとって息子・平岳大とは?

写真を拡大

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、女優・佐久間良子が、かつて夫婦だった平幹二朗と競演した舞台『鹿鳴館』について、そこで役者デビューした息子の平岳大について語った言葉をお届けする。


 * * *

 二〇〇二年、佐久間良子は三島由紀夫原作の舞台『鹿鳴館』でヒロインの影山朝子役を演じた。この時に夫の影山伯爵役を演じたのが平幹二朗。佐久間と平とはかつて実生活でも夫婦の間柄にあった。


「『鹿鳴館』の影山朝子は先代の水谷八重子さんや杉村春子先生が演じてこられた役ですから、女優としてはぜひ演じてみたい作品でした。それでお話をいただいた時に『相手役はどなたがいいですか』と聞かれまして、『平さん』と答えました。


 影山伯爵は大役ですから、役者として心からお願いしたかったんですよね。『もうこの人だったら』ということで。別れてから十四、五年経って、役者として平さんに挑戦してみたいと思ったんです。


 あの朝子という役自体が伯爵の手のひらの上で動かされているようなところがあるのですが、実際に平さんとやっていると本当にそんな気がしてきました。それだけの凄い役作りをされていました。もうご自身を丸ごと役作りなさる方ですから。凄く大きな役者さんだと改めて思いましたね」


 この時の『鹿鳴館』では、佐久間と平の間の実子・平岳大も役者としてデビューしている。


「あの時は『息子役は誰ですか?』とプロデューサーに聞いても『まだ分かりません』って言われていたんですよね。本当はもう決まっていたのに、私には言わなかったの。何か言われると思ったみたいです。でも、平さんは知っていたんじゃないですかね。


 それで何日か後に『この役は岳大だ』と言われまして。ビックリもなにも、もう倒れんばかりになりました。でも、よくやったと思いますね。平さんも特訓なさったんでしょうけど。


 普通、新人であの役をやるのは難しいですし、三島さんの書かれた美しい言葉ってなかなかハッキリとしたセリフで言いにくいのですが。それを見事に演じてからは、今日に至るまで私は何も言いません」



 二世俳優たちの多くが壁にぶつかっていく中、平岳大は実績や評価を地道に積み重ねてきている。その姿は、役者の先輩として、母親として、佐久間の目にはどう映っているのだろう。


「元々、『二世』であることが嫌だったんですよ、あの人は。暁星中学のサッカー部で活躍しても、結局は自分の後ろにいる二人の両親の名前の方が浸透している。そのことが嫌で、『自分の力でやる』ということで外国に行きましたから。


 俳優としては、よく勉強しているとは思います。今は時代劇にも出ていますが、よく分かっているように見えます。高校の時からアメリカに行って、医者を目指していたのが文学的な方向に行って点数を落として。そうやっていろいろと勉強したことが、役者として幅広くさせているような。頼もしい......というより『まあまあ、やっているな』という感じでしょうか。


 岳大も無事にそれなりに大きな役をやれていますから別に心配することはないですし、今はとにかく自分のことだけで。何より健康が一番ですから」


●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。


■撮影/藤岡雅樹


※週刊ポスト2019年1月18・25日号

NEWSポストセブン

「佐久間良子」をもっと詳しく

「佐久間良子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ