『映画刀剣乱舞』公式本未掲載写真公開、山姥切国広など4人

1月19日(土)7時0分 NEWSポストセブン

荒牧慶彦演じる山姥切国広(撮影/永田忠彦)

写真を拡大

 名だたる刀剣が戦士に姿を変えた“刀剣男士”を集め、歴史を守るために敵と戦う刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞−ONLINE−』。累計500万ダウンロードを記録し、大流行中の作品だ。そのいちばんの魅力はなんといっても、個性豊かでカッコいい刀剣男士たち。勢いは原作だけにとどまらず、アニメや舞台、ミュージカルとメディアミックスも盛んに行われている。昨年末、ミュージカル版のキャストたちがNHK紅白歌合戦に出演したことも、大きな話題を呼んだ。


 そんな大注目の作品の新たな展開として、『映画刀剣乱舞』として待望の実写映画化(1月18日公開)。今作品は、誰もが知っている「本能寺の変」をテーマに、全く新しい物語を描いている。舞台で活躍する若手実力派俳優を中心としたキャスティングと、緻密に練られたストーリー、そして大迫力の殺陣が見どころだ。


 映画の公開に合わせて『映画刀剣乱舞 公式フォトブック』(小学館、2800円+税)も発売される。その未掲載写真を独占入手。刀剣男士たちの美しい姿を見逃すな!



山姥切国広 荒牧慶彦(28才)

【やまんばぎりくにひろ】霊剣「山姥切」を模して作られたとされる。「綺麗」と言われることが嫌いで、わざとみすぼらしい格好をしている。


骨喰藤四郎 定本楓馬(23才)

【ほねばみとうしろう】粟田口吉光作の脇差。藤四郎兄弟のひとり。記憶を殆ど失っており、言葉数も少ない。


鶯丸 廣瀬智紀(31才)

【うぐいすまる】古備前派の刀工の太刀。古備前派は古来から宝物として扱われることが多く、この鶯丸も同様である。


へし切長谷部 和田雅成(27才)

【へしきりはせべ】長谷部国重作の打刀。主への忠誠心が高く、汚れ仕事も平気で行う。


(c)2019『映画刀剣乱舞』製作委員会


※女性セブン2019年1月31日号

NEWSポストセブン

「刀剣」をもっと詳しく

「刀剣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ