中国で検出の新型コロナウイルス、「水際作戦」は大丈夫か

1月19日(日)7時0分 NEWSポストセブン

中国から入ってくる新型ウイルスを防げるのか(写真/GettyImages)

写真を拡大

 新年早々、隣国から気になるニュースが飛び込んだ。昨年12月、中国中部の湖北省武漢市で59人が原因不明の肺炎を発症。うち6人が重症となり、年が明けた今月11日、61才の男性患者の死亡が確認された。日本国内でも感染者が確認された。


 不安が高まるのは、複数の患者から「新型コロナウイルス」が検出されたと報じられたからだ。感染症に詳しい蔵前協立診療所所長の原田文植さんが解説する。


「コロナウイルスは現在6種類が知られており、感染すると咳や発熱などかぜのような症状を引き起こします。特に動物からヒトに感染する2種類のコロナウイルスは、感染すると重症化する恐れがあるので要注意です」


 その2種類の危険なコロナウイルスが、SARSとMERSだ。


 SARSは2002年に中国で発生すると全世界に拡大し、8000人以上が感染して774人が死亡。中国政府の情報開示が遅れて国際社会を不安に陥れた。日本でも患者が発生した場合、強制入院や就業制限を行えるようにするなどの対応に追われた。


 MERSは2012年からサウジアラビアなど中東諸国を中心に拡大し、こちらも700人以上の死者を出している。


 今回検出された新型コロナウイルスはSARSやMERSを引き起こしたウイルスとは別の種類で、まだ実態が把握できていない分、油断は禁物だ。


 SARSやMERSはヒトからヒトへ感染することでパンデミック(世界的な流行)を引き起こした。


「今回のウイルスは今のところヒトからヒトへの感染は確認されていません。しかしそれは、皮膚や粘膜が接触しての『接触感染』が確認されていないだけです。今後、咳やくしゃみなどを介して感染する『飛沫感染』が起こる可能性はゼロではありません」(原田さん)


 さらに恐ろしいのは、ウイルスが突然変異して毒性や感染力が強まることだ。実際に中国現地では、アメリカ国立衛生研究所が「今後ウイルスの進化によって、ヒトからヒトへの感染の可能性が高まる」との見解を示したと報じられた。SARSやMERSのような感染力の強い「殺人ウイルス」に変異するリスクもあるのだ。


 発生のタイミングも最悪だ。折しも中国では1月25日の春節(旧正月)に合わせた大型休暇を前に、国民の“大移動”がすでに始まっている。


「中国政府は、2月18日までに延べ約30億人が車や鉄道、飛行機などで国内外を移動すると発表しました。去年の春節は600万人が海外で休暇を過ごしましたが、中国の大手旅行会社によれば、今年の海外旅行先の一番人気は日本。大阪、東京、京都、沖縄など中国人に人気の観光スポットを中心に、約70万人が来日すると見込まれています。新型ウイルスに感染した患者が入国した場合、“春節パンデミック”が懸念されます」(全国紙社会部記者)


 日本当局はウイルス上陸を防ぐための「水際作戦」を実施するが、念には念を入れて対策を講じておきたい。


「外国人が来日する際には検疫で、病歴や武漢への渡航歴などをチェックされるので、過度の心配は無用です。また感染力があまり強くないウイルスなので、基本的にかぜと同じ予防対策をしておけば大丈夫です。手洗いやうがい、人混みでのマスク着用を心がければ、新型コロナウイルスの感染予防にも充分な効果が見込めます」(原田さん)


 日々の心がけが大切だ。


※女性セブン2020年1月30日号

NEWSポストセブン

「コロナウイルス」をもっと詳しく

「コロナウイルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ