『虹色デイズ』に出演! 注目女優・吉川愛が映画復帰作で苦戦した意外な演技とは?

7月6日(金)11時0分 週プレNEWS


『別冊マーガレット』(集英社)にて連載された、水野美波が原作の大人気漫画『虹色デイズ』が映画化。本日、7月6日より全国の劇場で公開されている。

この映画『虹色デイズ』は、佐野玲於(なっちゃん)、中川大志(まっつん)、高杉真宙(つよぽん)、横浜流星(恵ちゃん)の人気若手俳優4人が演じる高校生たちの恋と友情を描いた青春ドラマとなっている。

そんな映画『虹色デイズ』でヒロインのひとり・杏奈を演じるのが吉川愛ちゃん(18)だ。彼女は元々、子役デビューしテレビや映画で活躍していたが、2016年、学業に専念するため芸能界を引退。一年にわたる休業期間を経て、2017年に芸能界復帰を果たした。そして、今作が映画復帰作となっている。

そこで、週プレNEWSは彼女に直撃! 『虹色デイズ』の話はもちろん、今後の展望やプライベートについて話を聞いた!

—『虹色デイズ』を観させていただいたのですが、ザ青春!という感じでキラキラしていました! 吉川さんは最初に台本を読んだとき、どんな印象を持たれましたか?

吉川 キュンキュンするところがあったり、友情もあったり。喜怒哀楽がたくさんある面白い作品なので、幅広い年齢層の方に観ていただけるんじゃないかなと思いました。
吉川さんが演じる杏奈ちゃん。(c)2018「虹色デイズ」製作委員会(c)水野美波/集英社
吉川さんが演じる杏奈ちゃん。(c)2018「虹色デイズ」製作委員会(c)水野美波/集英社

—今回、吉川さんが演じる杏奈は、おとなしくて天然な感じの可愛らしい女のコですが、ご自身の性格と比較してどうですか?

吉川 私はどっちかというと活発というか天真爛漫な方なので、タイプは違うなって思いました。本当にこんな可愛らしい役を私ができるんだろうか?って(笑)。

—自身とタイプが違う場合、演じるのが難しかったりしますか?

吉川 私、顔つきがキツめなので、今までクールな役が多かったんです。だから、最初は演じられるかなって不安だったんですけど、原作の漫画だったりアニメを観て杏奈がどういうコなのかとかを勉強して臨んで頑張りました。

—演じる上で一番大変だったところは?

吉川 大変だったところ......、う〜ん、あっ!! クシャミ!! クシャミが本当に難しくて。普通のクシャミなら何回でもできるんですが、リハーサルをした時に「親父くさいクシャミをして」って監督に言われたんです。

何回も家で練習したんですけれど全然うまくできなくて、いろいろな人にアドバイスを聞きました。それでも結局本番まで完成しなかったんです。でも、「もうやってやるっ!」って、本番で割りきって、思いっきりやったらいい感じにできました。


—観ている側はギャップに唖然としました(笑)そんな、おっさんクシャミもこなしちゃう吉川さんに、恋バナも聞きたいなというところがありまして、虹色デイズのメインの4人の中だったら、誰が1番タイプですか?

吉川 あー。私だったら、まっつん(松永智也)です。チャラいモテ男だし、最初はいろいろな女のコと遊んでたりするけど、ホントに好きになったら一途。それが格好良いなって思いました。だから、うん、まっつんかなと思います。

—自分が実際に好きなタイプもこういう感じ?

吉川 そうですね。好きです。

—ちなみにルックスとかはどうゆう感じが好きなんですか?

吉川 ルックス? ルックスはオースティン・マホーンが好きです。知ってます?

—すいません、存じ上げないです(笑)

吉川 あのブルゾンちえみさんの歌を唄っている方です。大好きで。今日をきっかけに覚えてください(笑)

—覚えておきます! ところで、今回はいったん休業して以降、初めての映画ですが、臨むにあたって気持ち新たにという感じはありました?

吉川 そうですね。一度辞めてからの新たなスタートということもあって、すごく新鮮な気持ちで演じる事ができました。

—休業期間は満喫されました?

吉川 満喫しました! 休みの期間の時に、屋外プールに行ったんです。今までは、日焼けするからという理由で行けなくって。でも初めて屋外プ−ルに日焼け止めも虫除けも塗らず、日傘もささずに行けたのですごく楽しかったです! もう、ハジけてました(笑)

あと、パン屋さんでバイトをしました。私、パンが大好きなので、ずっと働いてみたかったんです。それで念願のパン屋さんで働いてたんですけど、休憩時間にパンを食べれるんですよね。だからね、どんどん太っていって(笑)。そんな感じで、充実した毎日を送っていました。

—(笑)。じゃあ、ぴったりのお仕事だったんですね。

吉川 でもパン屋さんで働いてみて、すっごく大変だなって思いました。お芝居の仕事だと休みがあることも少なくなくて。私はこのシーン無いからちょっと休憩みたいな。でも、パン屋さんでは休憩時間が決まった1時間しかないことに慣れるのが大変だなって。働くことの大変さを学べた期間だったと思いました。


—引退前と今とで演技に対する取り組み方に違いはありますか?

吉川 昔は子役らしい演技を求められる事が多かったんですけど、今は自分の年齢も高くなって大人の演技が求められるようになってきたので、それは変えていかなきゃいけないなと頑張って取り組んでいます。

—今後、どんな役をやってみたいですか?

吉川 すっごいふざけた役をやりたいです。一気にハジけるようなもの。私じゃないんじゃないかというような。

—具体的にこんな役っていうのはありますか?

吉川 パロディコメディみたいな作品を演じてみたいですし、あとはもう全然違うゴシック系な感じだったり。そういう今まで演じたことのない役や、自分の中にはない役もやってみたいです。

—ぜひ、見てみたいです! 仕事以外の話も聞きたいなと思うんですけれど、趣味とかってあったりしますか?

吉川 ありきたりなんですけど、音楽鑑賞と映画鑑賞です。家の中でもずっとイヤホンで聴いてます。洋楽をよく聴くんですよ。あとは、今流行ってる曲はなんだろうとか調べたりすることもすごい好きですし。

映画鑑賞は、映画館で観ることがすごく好きで。レンタルして観るのも好きですけど、映画館の大スクリーンで観ると迫力が違うじゃないですか。違う世界に入っていきやすいから、すごく好きです。

—最近観た映画で好きな映画ってありますか?

吉川 『シェイプ・オブ・ウォーター』が好きでした。観てて苦しかったですけれど、すごく感動して、なんかいろいろな感情が動いた映画でしたね。

—ありがとうございました! 最後になりますが、これからの目標を教えてください!

吉川 これからの目標......。私がしたことない役だったり、やったことのないお仕事がまだまだたくさんあるので、それをドンドンやっていけたらいいなと思っています。それが目標です。

■吉川 愛(よしかわ・あい)
1999年10月28日生まれ。東京都出身。身長162cm。血液型=B型。2002年に芸能界デビュー。2016年に引退後、芸能界に復帰、現在に至る。『虹色デイズ』は復帰後の映画初出演となる。○ファースト写真集「i」(ワニブックス)が絶賛発売中。その他、最新情報は事務所公式HP、公式ブログ、公式instagram【ai_yoshikawa_official】をチェック!!

■映画『虹色デイズ』は全国ロードショー中!! 詳しくは公式HPまで!!

撮影/持田薫


週プレNEWS

「デイズ」をもっと詳しく

「デイズ」のニュース

「デイズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ