瑛太「時代劇のできる俳優になっていきたい」 緒形直人「若かりしころの高倉健さんのようだった」

1月19日(土)16時59分 エンタメOVO

緒形直人(左)と瑛太

写真を拡大

 時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品「闇の歯車」の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の瑛太緒形直人と山下智彦監督が出席した。この日、登壇予定だった橋爪功は体調不良のため欠席した。

 藤沢周平原作の本作は、とある謎めいた男(橋爪)の呼び掛けで集まった4人の男が、犯罪計画に乗ったことから、運命の歯車が狂っていくさまを描いたサスペンス時代劇。テレビ放送に先駆けて全国5大都市を中心に期間限定上映される。

 イベントの冒頭で、司会者が「続く舞台稽古の疲れか、体調が優れず本当に残念ではありますが、断念いたしました。寄る年波もあり、大事を取らせていただくこと、平にご容赦ください」と、橋爪からの手紙を代読した。

 手紙には、今回初共演した瑛太についても、「また一緒にやりたい。それも時代劇でまた一緒にやれたら。2人で芝居をしていて伝わってくる何とも言えない色気、こちらの想像を超えてくる芝居に、気持ちよく乗せてもらいました」とつづられていた。

 これを聞いた瑛太は「うれしいです。(共演を通して)たくさん勉強させていただいた。橋爪さんの『時代劇でやろう』という、その言葉の意味合いをちゃんと受け止めたい。本当にお体に気を付けて舞台を頑張っていただきたい」と語った。

 緒形は、瑛太について、「いつも自然体。着流しも、かつらも似合うし、肝が座っている。天賦の才というか、色気があり、若かりしころの高倉健さんのようだった。今後も若手として時代劇を引っ張ってもらいたい」と期待を口にした。

 瑛太は今回の撮影を通じて、時代劇の良さを実感したといい、「今後、日本人として誇りを持って、時代劇のできる俳優になっていきたい」と熱く語った。

 続けて「なので、僕は英語を勉強してハリウッドを目指すとか、そういった考えはありません」と宣言し、会場を沸かせた。

エンタメOVO

「時代劇」をもっと詳しく

「時代劇」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ